忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/12/14 [00:16] (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2011/04/11 [16:51] (Mon)





良いものも悪いものも全てを飲み込むのがマザー(M)

放射性物質が悪いものといってもあまりネガティブになってもいけない。

行政の悪道路計画を民間の文化力によって超越したのがアキバ。

アキバの萌えの連帯は火の力ではなく、静かに燃える日の萌えの力。


行政の失敗を、我々、民間人がキチント埋めあわせないといけません。

もう一度日本人の文化力で、海外から人を呼び戻さないといけません。


それができた時、私たち日本人は明確に<西洋と東洋の統合/超越>を意識するようになるでしょう。


良く(日本文化)も悪く(放射性物質)も、世界に放射した日本。

悪いものを撒き散らして本当に申し訳ないと思うならば、日本が変われば世界が変わるという現実にも目を向けましょう!

今、まさに日本は世界の雛形であり、良くも悪くも世界を転じさせるパワーを手に入れているということでございます。

反原発というテーマもいいですが、もっと哲学的な【西洋と東洋の統合】というテーマが出てきています。

ひとつのテーマを共有する時、それは最終的に同じ神が出てくることを意味しています。

それは古代大和で起こった事と同じ。ユーラシアの様々な宗教/民族が日本でクニトコタチという神のもとで大同団結しました。


そこに目を向ければ、私たちは歴史の大きな転換点、記念すべき時代に生きているのです。


良く(日本文化)も悪く(放射性物質)も、世界に放射されたのは、

そして、世界をククルのは、九十九

私たちは、世界を百(桃)にする草薙剣/国常立(平和の剣)を、今まさに拝まないといけません。



1昨日、大避神社に行っていたのですが、何か今日は不穏な雲が次々と出てきて、福島浜通りが大変な連続地震に見舞われています。

バアル※が降りてきたと直観しました。上の動画でもバアバババアと言ってます。今日は、元糺すの池のインスピレーションも出てきていたので、明らかにバアルの和名・※賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)※でしょう。

あまり知られてないかもしれませんが、福島は※都々古別神社※に、アジスキが祀られています。以前このブログでも言及しました。今年の2月1日に豊葦原瑞穂国を書きました。この時も、ちょうど剣とカヤと太陽のことを書いています。


1昨日、【和気=別け】と感じていたので、和気=賀茂別=都都古別でつながっていきました。もうひとつの”別け”が、建依別(土佐)。しかもアジスキだから非常に怪しいでしょう。別け連鎖が起こる可能性があります。

別け名は、古墳時代は普通に広く使用されていたようですが、残存している数は少ないです。和気はその中でもワケがそのまま残存しているので何か大きな意味があるような気がします。


1昨日、最終的に出てきたのが、ハタオリ=ハトホルのライン。そして今日、バアル。

バアルは、嵐の神・セトであります。

ハトホルは「ホルスの家」という解釈もあり、ホルスとセトは長い対立をしていました。その長い対立を統合するのがファラオとされていました。

なぜ秦河勝が赤穂に流されたか?それは、京都でホルス系が勝利したからではないか?それ以降、本当の意味でのファラオ(統合)は顕れなかった。

つまり、秦氏+賀茂氏はホルス系だけでなくセト系もあった。

おそらくハトホル系は、白山を中心にした菊水系で、セト系はスクナヒコナを中心にした瀬戸内系。瀬戸とは文字通りエジプトの※セト神※である可能性がある。


私たち日本人の手でホルスとセトを統合し、世界をファラオ(統合)の状態へと進ませなければなりません。

悪戯好きの※ロキ※(69)がラグナロク(79769)の前に身をよじると地震が起きるとされています。

69(太極)をひっくり返して99(白)にしませんとファラオ(百/桃)が顕れません。それにはオタマシャクシ(多賀大社)の力が必要であると思います。

オタマは玉であり、玉依姫、そして丸石神。シャクシはミシャクジであり、棒石神。

ヤンマーではないけれど、2つあわせてオタマシャクシ。き~みとぼくとでオタマシャクシ♪

合体して和合、そして百/桃。


日本神界は、世界神界の雛形なのである。





※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ


  イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。



グリーンストリームジャパンサイトです♪
banar006.jpg


    


ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel



 

PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


ユメユメ
昨日(4/11)の夕方、大き目の地震があるかな?と思いつつ、
余りに眠かったので大祓詞を唱えてから寝てしまいました。

5時頃夢を見て目覚めました。

夢の中では、私は少し高いところから見下ろしていました。(多分マンションの窓)
車が沢山ギュウギュウ詰め状態になっているのですが、
動くわけがないのに何度もアクセルを踏んでいる車を「何してるんだか」と思いながら見ていました。
車と車の間に挟まれている男の子もいましたが、
彼は無事で元気そうでした。

この夢の後、地震が来ましたが、夢程の状況ではなかったですね;


変な夢を見るのは、枕の中にターコイズが入っているからでしょうか。
(正確には枕カバーと枕の間。顔がターコイズの人形ストラップ。)
元々息子の枕だったのですが、私が新しい枕を買ったら、それを息子が奪ったので、交換した形になりました。


ハタオリ=ハトホルですか。
イシスが好きなのですが、イシスとオシリスを描いた時にはゲブとヌートも描いています。
イシスは小麦と機織に関係あるみたいですね。

私が小学生の頃、信じられないと思いますが、
麦の穂を丸呑みしてしまったのですよ!
よくすんなり入ったものです・・・。
陽巫宮 2011/04/12(Tue)【08:27】 編集
ヌレタリ
織機について少し調べました。
最初の織機は垂直織機で、垂らしたり張ったりしていました。
機織りだったので、暗い感じがなかったのかしら。

コヌレかカヌレですが、
濡女と関係があるでしょうか。
牛鬼と共に現れるとか牛鬼の化身だとか・・・。

でも、余りにも響さんとリンクし過ぎるような気も・・・?
陽巫宮 2011/04/12(Tue)【09:16】 編集
ありがとうございます
いつも読ませていただいています
自分自身と今回の地震について
こちらを読ませていただいて
あまりにも符合するところが多かったので
コメントさせていただきました
本当に大変大きな責任を感じています
本当に必ず
この国を復興させたいと思います
理加 URL 2011/04/18(Mon)【18:36】 編集
Re 理加さん
理加さん、こんばんは!
書き込みありがとうございます。

>自分自身と今回の地震についてこちらを読ませていただいてあまりにも符合するところが多かったのでコメントさせていただきました

それは嬉しいです☆

>本当に大変大きな責任を感じています
本当に必ずこの国を復興させたいと思います

理加さんの純粋な想いに心打たれます^o^
ありがとうございます!

一緒に、頑張って参りましょうー!
hibiki 2011/04/18(Mon)【21:19】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
free
忍者ブログ [PR]