忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/10/20 [06:51] (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2011/06/05 [20:10] (Sun)
【自由】というものを深く突き詰めて考えますと、【責任と義務】というものに突き当たります。

人間は、生まれて成人するまで様々な制約や制限を教え込まれます。その中で人間というのは、その縛りから解放されたいと思うようになります。

これが人間が【自由】を希求する第一段階目だと思います。

この段階では【自由】は、何かから逃れるための手段、つまり受動的な何か、ということになります。


そこから成人して、全てを自分の自由意志に基づいて創造できるようになって、【自由】とは何か?を考える段階。これが第二段階目として存在すると思います。

この段階になって初めて【自由】に対して能動的に生きられる段階になります。

しかし、考えるだけでは次の段階には到達しません。

魂が求める生き方に沿って自由に生き、自由に創造し、自由に表現する。そのような実践の中で【自由】を考え、実践する必要があります。


その実践の結果、表れるのが第三段階目の【自由】です。

その【自由】とは、自由奔放の中には真の自由はない、というものです。


社会的使命、社会的意義のあることを実践する、あるいは先祖から継承してきた伝統を守るなど、、、

真の自由とはそういうところにあるのではないかと思います。


つまり、何かから逃れたいと思っている内は、自由の対極としての解放を望んでいるだけであり、それはまだ、【自由】の創造の段階には入っていないということです。

究極的な【自由】とは、縛り付けられていた縄を自分で外し、それを自分自身の自由意志によって新たに縛り付けることです。これをストイックと呼びます。ストア学派のストイックです。

禅の修行者・雲水も就寝時にふとん一枚分からはみださないように自分を縛り付けて寝ます。これが真に魂が解放された自由になります。



大和の自由主義には第三段階目の『みんな、仲良く』という概念があります。非常に全体主義的ですが、それぞれが真に自由を実現するための現実的手段であり、哲学的にも非常に洗練された美学であると思います。



ただ現代日本人は、それを哲学的に捉えられないので、とてもしんどい想いをしていると思います。なぜなら精神的な成長がそこまで到達していないにも関わらず、社会では古代からの習慣としてそういう精神状態が求められるからです。


そういう問題を解決するために【ゴールドヒーラーズ】があります。


これは結構、意外であるかもしれませんが、<金>というのは、スピリチュアルグロース(スピ的成長)を早める要素を持っています。(ただこれは逆の方向に転じる場合もありますので注意が必要です)
スピリチュアルグロース(スピ的成長)を早めれば日本社会のしんどさは軽減されます。


太陽は、日の出と日の入り時に一瞬だけ最も美しいゴールド色になります。その色を見られたことがない方は、自分のハイヤーセルフのゴールド色も見られたことがないのかもしれません。

それを知っているか知っていないかで怖れ(闇)に対する許容度というのも変わってきます。


つまり、ゴールドサンセット(自分)を知っている方は、ゴールドサンシャインも確信できるのです。

これにミカエルとルシファーをセットにすれば、私たちが闇だと考えている夜が、全くの闇ではないことに気付きます。このルシファーの部分に関しましては個人セッションHMTで。


これをメタフィジカル(※形而上学※)と呼ぶのですが、あまり活用はされていないようです。戦前までの日本は世界で類を見ないほどの形而上学が発達した社会でした。ちなみにラビングアースは、こういう意味における日本初のメタフィジカルヒーリングストーンショップです。

10年間同じことをやっています。社会が唯物主義から唯心主義に移行してきたかどうかと問われれば、答えに窮しますが、それは社会の皆さんが決めることですので、なるようにしかならないとは思っています。



ただ、クリスタルはエネルギーそのものであるのですが、それを物質主義的に捉えられるのは悲しいものがあります。その捉え方というのは結局、自分自身を物質的に捉えていることの裏返しであり、自分という肉体を支配し、魂を縛りつけ、人間関係を損得で勘定し、マインド(思考)でがんじがらめになっていることを意味しているからです。


こういう部分については8.9年前に書き尽くしているので、どこかのリンクから遡ってもらえれば良いとは思いますが、人間もクリスタルも<愛というエネルギー>が伝導する伝導体であり、人間の肉体も時と場合によっては、クリスタルと同程度までのエネルギー純化が可能です。

それを可能にするためには、水に対する深い認識や禊や祓えに対する深い理解、エネルギーの感度、形而上学を理解する信仰の土台みたいなものが必要になります。


戦後、急速に日本の形而上学は衰えましたが、局地的に残存している場合があり、そういう方たちは非常に早い速度でスピリチュアルグロース(スピ的成長)を獲得できる可能性があるんですね。

【ゴールドヒーラーズ】セッションは、そういう可能性にダイレクトにアクセスします。



ピンと来られた方は、いつでもお気軽にどうぞ♪



全然、話は変わりますが(それほど変わらないかな^^;)<あなたと~絢香×コブクロ>はいいですよね♪

ここにも【孤独と自由】というキーワードがでてきます。才能がある人ほど、内側に大きな孤独を抱えており、その孤独を受け止められるほど社会の器が大きければ良いのですが、現実は全く逆でしょう。

しかし、スピの社会は、戦後資本主義社会と比べては何倍もその受け皿は大きいので成功といえば成功していると思います。


でも、まだまだキャパシティはそれほどでもないので、もっともっと深度も深くならないといけないですし、スピードも速めないといけないと思います。

その先に何があるのかって聞かれればもちろんレムリアがあるわけであり、だからこのブログの名前が  Lemurian resonance なんですが、今となってはあまり知られていないかもしれません^^ このブログととともに作成したサイトをもう消してしまったので。。。(?)

色んな方が、連絡をくれたりご注文くださったり申し込みしてくれたりしますが、当然ですけど基本、何か役に立てればいいなと思ってます。

でも、そぐえてないことの方が多いとは思います。


社会に夢(ファンタジー)を提供し続けることとその中で生きようとされる方々のご要望に全てお応えし続けることの両輪をうまく維持していくことはなかなか難しいです。

私は大人が子供たちに夢ある社会を提供していくのは、ひとりの大人として責務だと思っています。子供たちが夢を感じられない社会、希望を持てない社会というのは、社会的にはひどく荒んだ社会であると思っています。


戦後、我々日本人は経済大国というファンタジーを信じて生きてきたのですが、それが完全に瓦解してしまったのです。新たなファンタジーを作るためには、どうしてもメタフィジカルな集団が必要ですし、ファンタジーができてからはそれを現実社会に投影する方々が必要になります。


新たなファンタジーを愛あるものにするためには、私たちひとりひとりの一瞬一瞬の選択が愛あるものになる必要があります。宇宙にはたくさんの星がありますけれども、その中で最も美しい星は地球なのだと思います。

その美しい地球で、運良く出会って共に目の前の現実を変えていけることこそ最も宇宙的なことだと思います。


昨日存在しなかったものを今日、創造する。

昨日認識していなかったことを今日、認識する。

昨日できなかったことを今日、やり遂げる。


それ自体が、宇宙の始まりビッグバンです。

そう考えれば、人間はちっぽけな存在ではありませんし、問題を解決できない無能な生き物ではありません。


結局は、自らの思考習慣/思考パターンにあらゆる問題が潜んでいます。



真の輝きを手に入れるためには”自分以外のもののために”という他利の意識が必要です。それが十全に自分の意識から出てきていなかったとしても、『体』は『技』をもたらし、『技』は『心』を生んでいきます。そのアプローチで進ませて頂きたいと思っています。


ゴールドヒーラーズたちは、他利利他の意識の中で自分が活かされる自分が活きていく道を知っています。

そしてゴールドアントワープ(ゴールドヒーラーズマスターズ)たちは、子供たちに夢を与える方法を知っています。


私たちの時代のインナーチャイルドは、私たち自身の手によって癒していくしかないのです。


みずがめ座の時代精神とともに コウヤヒジリ




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ



  hibiki の個人セッションページ

いつでもお気軽にどうぞ♪
お申し込みくださった方にはどこまでもサポートさせて頂きます。



☆あずみの女神会☆

男性も女性も女神意識の再興を♪
嗚呼、天と大地と水と風


‡ 播磨マスターテンプル ‡ 

エネルギーをマスターする方のためのエナジーアカデミー
女神性と男神性を統合し、より高い融合の波動へ
現実的かつ、より社会的な霊性復刻運動の決定版 

入学受付中でございます^^お気軽にどうぞ♪





ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel


PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


ム~ン
わたくし、11次元交信をチョロチョロ行うようになりまして、只今は月の女神の元にございます。
龍神様から交代なさったのです。

新しく名前をいただきまして、「月神の杖」になっております。

以前、船の操舵輪を絵に書き込んだことがありますし、
アリアンロッドが主人公のマンガも1冊のみ残っています。

全部関連していたのですね。

巫女に生贄男という話もどこかで読んだことがありますが、今後そのようなことにはならないようです・・・^^

夢の中に出てきた言葉がわかりません。

「カムチフィディルム」

私なんか、
知性も霊性も徳性も無しとされましたから、わかりませんね~。

笑うしかない!
陽巫宮 2011/06/08(Wed)【09:19】 編集
Re 陽巫宮さん
おはようございます!

>新しく名前をいただきまして、「月神の杖」になっております。

そうなんですね^^
じゃあ、ム~ンロッド?


>以前、船の操舵輪を絵に書き込んだことがありますし、アリアンロッドが主人公のマンガも1冊のみ残っています。

そっか!確かに陽巫宮さんはウェールズ系かも^o^


>巫女に生贄男という話もどこかで読んだことがありますが、今後そのようなことにはならないようです・・・^^

陽巫宮さん面白いですよね。確かに社会的にはならないかもしれませんが、オルタネティブな世界やファンタジーの世界では成立させることができます。

ただ、生贄は嫌ですよ^^;(笑)


>夢の中に出てきた言葉がわかりません。
「カムチフィディルム」

カムチが河+蛇で
フィディが”つながる”
ルムは光と音


>私なんか、知性も霊性も徳性も無しとされましたから、わかりませんね~。笑うしかない!


ヒルコも知性も霊性も徳性も持っていませんでしたが、神性だけ持っていました。いつも笑っていたから。それが女神一柱。
hibiki 2011/06/08(Wed)【11:13】 編集
♪ダイア~ナ~♪
名前はハズレで~す。

ウェールズ系って、ダイアナ妃イメージなのでしょう?^^

お~、ちゃんと、カムチフィディルムがおわかりになるなんて!!

ホント、
私は神性だけはあるのですって。
響様は知・徳・霊性はあるけれど、神性はないのだそう。
さすが、大統領!(笑)
陽巫宮 2011/06/08(Wed)【15:39】 編集
Re 陽巫宮さん
こんばんは!

>ホント、私は神性だけはあるのですって。
響様は知・徳・霊性はあるけれど、神性はないのだそう。 さすが、大統領!(笑)

あはは! 陽巫宮さん面白ろ過ぎ!

さすが、プリンセス・オブ・ウェールズ!(笑)
hibiki 2011/06/08(Wed)【23:55】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[433] [432] [431] [430] [429] [427] [426] [424] [423] [422] [421
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
free
忍者ブログ [PR]