忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/08/23 [20:57] (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2011/02/26 [23:08] (Sat)

  γ 祓え給え 清め給え γ

          【初音ミク】 天津祝詞  【PV】(youtube)


                         2011年2月26日
      内閣総理大臣 菅 直人 殿
      経済産業大臣 海江田 万里 殿
      環境大臣 松本龍 殿
      山口県知事 二井 関成 殿
      山口県上関町町長 柏原 重海 殿
      中国電力株式会社 取締役社長 山下隆 殿

    γ              γ

             天照大御神荒御霊





◆山口県上関原発建設計画地の一方的な埋め立て工事に伴う
      現場での危険かつ強引な作業に強く抗議いたします◆  


           「上関原発の問題を知る」全国有志の会
            虹のカヤック隊応援団@北海道

                         

 私たちは、山口県上関町の上関原発計画地埋め立てに関して中国電力が説明を求める地元住民を全く無視した形で一方的に工事を着手し、現場海上及び陸上で危険な作業を強行している事に強い憤りを感じています。


 2月21日から中国電力は多数の作業員や警備員を動員して強引な埋め立て工事を再開しました。この一方的なやり方に危機感を持った人達が現地に集まり抗議活動をしていますが、それを全く無視する形での強硬な作業の進め方により、昨日(23日)、ついに祝島の高齢者を含む2人が負傷し、救急車で搬送される事態が起こりました。


 現地の人達の抗議活動は現場に駆け付けられない私たちの意志を代表するものであり、中国電力のこのような非人道的で不当な暴力を認めることはできません。


 原発問題に限らず、一般市民との十分な論議の場も設けず一方的に力ずくで押し進めていくやり方が、日本社会のあらゆる矛盾を生み出してきたと言っても過言ではありません。それを軌道修正し、問題点を洗い直し、対話と協調を重んじる中から 持続可能な社会に育て直したいと願う民意を背負って政権交代は実現したはずです。

 私たちは、上関原発計画地の対岸わずか4km先にある祝島の住民9割が30年近く反対の意志を表明していることや祝島の漁師が10億円以上におよぶ補償金を受 け取らず、豊かな自然と共に経済的自立と地域活性化を目指して取り組んできたことを知っています。

 また、埋め立て予定地の田ノ浦周辺は豊かな漁場であると同時に、スナメリクジラや天然記念物のカンムリウミスズメの生息が確認されるなど、世界的にも希少な動植物の宝庫です。昨年開催されたCOP10では、貴重な生物たちの多様な生態系を育んできた田ノ浦の海が世界的な評価を受けました。このように世界からも注目されている独自の生態系を育む海を埋め立てることが、取り返しの付かない環境破壊を招くというのは衆知の事実であり、環境アセスメントは何のために為されたのでしょうか。


 これら、解決できていないたくさんの問題や対話の数々を置き去りにし、祝島島民の会が通産省へ提出した署名80万筆以上の民意を全く無視して埋め立て工事を強行する中国電力の強引なやり方、そしてそれを黙認している行政側の姿勢に対して 、私たちは強く抗議を表明すると共に作業の即刻中止を求めます。



PR



  2010/10/17 [01:03] (Sun)

上関田ノ浦埋め立て停止を求めてのハンガーストライキ
やってるよー


マスコミの広告収入が激減して、そこに何がやってきたかと言えば、国の保護で潤沢な資金を携えた原子力機構の宣伝軍団。

TVでやるわけないよね。だってTV局は原子力機構からお金もらってるんだから!


国民はあまり知らないよね。マスコミは真実を流していると思っているから。

でも最近は、マスゴミなんて言われてるか^^


TV局の社員は年収1500万が1400万に下がったなんていいながらストライキしている模様。


それを聞いた下請け会社は「俺らの給料2-300万だぜ」とウンザリしているとか。


原子力機構のお金がマスコミに入って、TV局社員はイイ暮らしをして嘘の情報を流して、下請けの人たちは苦労して、原発ができる現地の人たちは海を汚され生活ができなくなって、首相はコロコロ変わって、今度こそガンバローって言う。


なんかおかしいよねこの国。


皆で頑張って今から変えようぜ!





  2010/10/15 [00:08] (Fri)
明日10月15日、中国電力が田ノ浦の海岸部において大規模な作業を行う可能性が高いとのことです。
埋め立てが始まらないよう、自分たちもできることは何だろう?
今!とても大切なときです。緊急な今だからこそ、それぞれにできることを、実際に行動することが大切です!

協力する方法

1.現地へ向かう
  埋め立てられようとしている場所は3カ所ほどあり、1カ所につき50人集まれば作業が止まることが多いです。
  食料、水などを持参して集まってくれれば、とても助かるとのことです。

2.中国電力、山口県知事、周りのマスコミなどに電話、FAX、メールをする。
  現地に向かえない状況の方もたくさんいると思います。各地から声が届けば、助けになります。

  中国電力
  TEL 082-241-0211
  FAX 082-523-6185

  中国電力 上関原発準備事務所
  0820-62-1111

  山口県知事への提言
  TEL 083-933-2570
  FAX 083-933-2599
  メールフォーム
  https://cgi01.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-teig...


歩いてきて、海も陸もつながっていることを本当に実感します。
田ノ浦の問題は、遠いどこかで起こっていることでなく、日本に、世界に、これからの世代の子供たちに確実に影響していくことです。
自分たちのできることをして、つながっていけたらと思います。
よろしくお願いします。

ありがとうございます。

7 Generations walk
山田
 



  2009/12/07 [16:31] (Mon)


今年は色々とありました。

年初に<鳳凰の年>というメッセージがあり、春分から大地の浄化を聖地巡礼という形で皆様にご参加頂くような形で執り行ってきましたが、強力な巫女能力をもった個人の力でさえも対峙できないほどの巨大なエネルギーがこの国を覆っています。

そのエネルギーと対峙し向き合って、真実を明らかにすることが本当に正しいことなのか、あるいは皆に望まれていることなのか、自分の中でもグレーゾーンに突入しています。

この国を愛せば愛すほど、縄文・弥生時代を通して培われてきたジャパニーズ・スピリットを封印し抹殺してきた勢力に対して憤りを感じるわけですが、真実を知らず盲目であり続けることが、むしろ現在の日本的なのかなと思います。

皆が真実を求めようとする革命期ならいざ知らず、ひとりチェ・ゲバラでは、とても日本の古代の深いところには踏み込むことはできません。

これからはむしろ、やはり皆の、それぞれの地域の力を再生するお手伝いをさせて頂き、新たなジャパニーズ・スピリットの創生に向けて動き出したいと思います。


********************************************
ラビングアースwebshopは12月9日より
年に一度のセールを開始致します。
お楽しみに♪
********************************************


∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth 




  HOME  
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
free
忍者ブログ [PR]