忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/05/26 [01:21] (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2011/03/24 [15:37] (Thu)

我ら 霊の本(ヒノモト)の民 死して 尚 死せず

不死身(富士見)の翼は 椿と為り(鳴り)て

香しきニホヒ(匂い)は 天まで届く

アメノホヒ 香具山に降り立ち 日の本を加護(カグ)する

籠の中の鳥は 今ひとたび 

閃光となりて 闇夜を照らし

風となりて 芽吹きを息吹き  水となりて 心を洗う 





昨日からどんどん大きくなってきているのが、トキ(現在/過去/未来)の問題。

私は過去に戻って、祝島の問題にもう一度、皆で取り組まないといけないと思ってました。

あの時に、危険な原発を止められるだけの市民力があれば、今のような悲劇はなかったかもしれない。しかし、現実はそうではありませんでした。

福島原発事故発生後、祝島の原発建設計画は山口県知事の申し出により一時中断となり、宮崎県串間市の原発建設計画も中止となりました。


科学は想像力を遮断する


事が起こってからでないと現実を認識できない人たちがたくさんいます。

古の神々は我々に試練を与えてくださっています。

想像力でクリエイトする社会、そして創造が現実をコントロールする社会へと舵を切らなければなりません。



私は時計のねじを巻いてくれたのだと思っていました。

しかし、先ほど20日・22日に出雲でのトキの産卵(47ニュース)のことを知り、過去に戻ったわけではなく、トキが止まる空白の時間に今、入っているのだと認識しました。

つまり、20日のエクストラスーパームーンの日に南海/東海/東南海連鎖地震は起こっていたのです。

それが現実に現象として表れなかったのは、トキが止まったからです。ですから地震は必ず起こります。それまで私たちが何をするかです。いつ、トキが元通りに動き始めるか今は、わかりません。

それをこれから調べにいきます。


一年前に書いた日ノ本国の記事がものすごく自分の中で立ち上がってきます。

全ては用意されていたものではないかとさえ疑ってしまいます。それではこの災害の残酷さはどう理解すればいいのか。。。そう思います。


地震予知の最新情報記事でも書いたように、2011年3月11日の『11』は十一面観音を表すことはもちろんのこと、も表しますので、封印されたを切り咲いて出していく必要があるでしょう。


そして、日ノ本国の記事にも書いたように11を漢数字に直すと、『土』になります。生命は土から始まり土に還ります。これは破壊と再生の神の特質です。


また偶然にも日本の地名に土岐(トキ)があります。

岐はフナド/クナトの神(サルタヒコ・道祖神)なので、土岐は土の分かれ道という意味になります。

つまり日本語の『』という文字は、生命が生まれては死んでいくというトキを司り、土から生まれ土に還るという破壊と再生を司り、闇を切り裂いて音が鳴り始めるという音の発生と消滅の現象界の究極的なトキを司っているのです。


何回も書いておりますが、日ノ本国最大の信仰は、ヒンドゥーにつながる【無音】【有音】の哲学です。それが銅鐸を巨大化せしめた理由です。


またギリシャ神話における※ホーライ※(蓬莱)が時間の三女神を表しているのにも注目です。

多度大社でラグナロク(この世の終わり)の前に吹かれるギャラルホルンを楠(クロス)の根元で昨年8月に発見しましたが、多度と熱田の結びつきは非常に濃いです。熱田神宮の蓬莱は有名です。


前にも書きましたが、時間と剣は非常に密接な関係があります。九十九に一を足すと百になり桃になります。これは時間をひとつ進めるということです。

しかし、百になりますと同時に衰退をも意味しますので、古の日本人は九十九を信仰していたのだと思います。

そこに新たに入ってきた11の哲学。それは新しい始まりを意味する時間の哲学の最高神でした。

我々日本人は、必死になって土偶を作り、埴輪を並べました。

土には新たな始まりのパワーがあると考えていたからです。


古来の九十九の哲学、そして新たに入ってきた十一の哲学、これを足すと110になります。

実は、古の日本では、王の中の王は『111』で表されました。つまり【川】

その別名はです。



DSC06698.JPG
ちなみに木曽川・長良川・揖斐川は南に向かって川の字になっています。多度大社の古い信仰はこれではないかと訪問した時に感じました。








白は九十九に分解され、王は十二に分解されるのです。

もう勘が良い方はおわかりだと思いますが、『王』は、『土』に一本線を加えたものです。

つまり、土(トキ)を司るものが最後の剣を持っているということです。

皇が治める地をカウチ/カフチと呼びました。水神の都です。

ほとんどの場合、河内と書きます。

なぜ私が、土佐(カウチ)と美濃(土岐)、そして尾張(草薙剣はオロチの尾を割って出てきました)のことをしつこく書いているのかを今ならおわかり頂けるかと思います。

賀茂氏の信仰と深く関わっています。高知県南西部には白皇神社という神社が多く分布しています。秦王国の痕跡を留めていると思います。

しかし、また皇(女神)は、幽界へと姿を消すかもしれません。


近代的天皇制は、この皇を巡る動きを外して考えることはできません。つまり賀茂氏がなぜ歴史の表舞台から姿を消していったのカモ、これを知れば明らかになります。

神は、「ネが申す」と書きます。これは明らかに、はじめに言葉ありきの哲学です。ネとは子丑寅のネであり、始まりという意味です。

皇は、「王より高きところで白しめす」と書きます。少し前にも書きましたがハツクニシラスもこの考え方からきています。つまり剣を持った土(トキ)を司る王よりもさらに上に白き女神がいらっしゃるということではないかと思います。

これも前にも書きましたが、この「白」は、白る(知る)という意味です。


神と皇の哲学とは少し違います。しかし2つともコウと読みます。そういう言葉の不思議は無数にあります。


私たちの国には、たくさんの信仰が様々な土地から入ってきて、それが根付きました。それらを否定することはできません。

日本のそれぞれの地域を認め、世界のそれぞれの地域を認める。それが今回の地震や原発事故で浮かび上がってきているテーマのように思います。


私は日本の中央部とも言われる美濃あたりに※両面宿儺※の信仰が残っているのは※ヤヌス※と関係があるのではないかと思っています。

ヤヌスは、ローマ神話の出入り口と扉の神です。英語でJanuaryの語源(ヤーヌスの月)になっており、つまり始まりをも意味しているのです。

西では噴火【火】が起こり、東では津波【水】が発生しました。これ、本来は逆ではないのかな?と思います。

それをあらわすように太陽信仰が強い土地、茨城県大洗には津波発生後に渦潮(アワ/太陽)ができました。

その後、原発【火】が暴走しました。

火と水のバランスが崩れ、東北は数メートル東に移動したようです。

暴走を止め、火と水のバランスを整えるために土岐へ向かわなければならないと思います。

そして美しい筑波嶺の二峰のように男体山と女体山が並び和合することを願います。


トキが止まったのは、何かが生まれたから?。。。

父・母・子 三位一体




姫神 で 『 千年の祈り 』 です。





※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ


  イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。



グリーンストリームジャパンサイトです♪
banar006.jpg


    


ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel


 

PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


今回の巡礼では、トキではないのですが、サギと誕生が一つのキーとなりました。

道後温泉にはサギ伝説があります。
吉備津彦神社に訪れた時に池の中の一つの石にサギがとまっており、そのすぐ近くには、数匹の亀がおりました。まるで鶴亀でした。

アオサギは、古代エジプトの聖鳥で再生を意味しフェニックスの原型だそうです。

また、巡礼した3箇所の神社では、赤ちゃんのお宮参りがあり、私達が着いたとたんに太鼓が鳴り出しました。
凄く誕生というものを意識しました。

讃岐富士頂上でイメージしたのは、意外にもルシファーであります。
それは、明けの明星。

おそらく次には、空が白み、サルタヒコが現れるのでしょう。
そして、最後に岩戸が開かれアマテラス(日の出)が現れると感じています。

僕の感覚では、今年あと2回のインパクトがあると思っています。

2つの誕生の日と秋分の日に次の大巡礼を予定しています。
海(産み)の日と天皇誕生日+クリスマス。

再生の太陽は必ず昇るよ。
だから、最小限の犠牲に留めないとね!
天比古 URL 2011/03/24(Thu)【19:58】 編集
無題
こんばんは。
色々ヒントを与えて下さりありがとうございます。

今日は、自分が辰歳なので何となくお参りしている龍人様のところに行ってまいりました。

おまつりしているのは、大己貴神、少彦名命でした。まさに出雲様そのものだったのです。
よくわからないのですが、カマドの神様にもお参りできたと思います。

私も実は、美濃が気になっています。
先祖が美濃守を何故か名乗っていたようだからです。
名字の意味も気になって、恐ろしい感じがします。

少しずつ気になっていることをご相談したいと思いますので、宜しくお願いいたします。

陽巫宮 2011/03/24(Thu)【20:00】 編集
ときとこうのとり
村の教会の鐘の上に、こうのとりが巣を作って、どうやら卵を温めている気配です。
先日たまたま、気になって教会を見上げたときに
見つけて写真に撮りました。
3月15日のことです。その日のブログに書きました。

こうのとりやときが自由に生きられる世界に
戻したいですね・・・。
今日、サラマンカへ往復したバスの中から見える
風景を見て、そう思いました。
一度失ったものを取り戻すのは並大抵の
努力ではないと思いますが、私達には、
きっとできる!と信じています。
大丈夫、私達は乗り越えることができる・・・。
ひろみ URL 2011/03/25(Fri)【05:35】 編集
連投失礼します
今まで気になっていたこと、縁、ヒビキ様からいただいたヒントなどから、
地図を見たり検索したりして感じたことですが、

「天照大御神を信仰しなさい」というメッセージを受けているのではないかと思います。

ですが、知識不足の為、個々のワードとそこからの連想が結びつきません。
ヒビキ様の豊富な知識で見ていただけませんでしょうか?


猫→霊能者に「黄泉の国からの使い」と言われた。

香川詫間の紫雲出山→竜宮伝説

母の実家近くの山の名に竜がつく
(どこかの山林を保有しているので、その山も所有?)

観音寺市琴弾八幡宮の伝説(源為朝の妻、白縫姫が平家の男に復讐を遂げる)

愛媛の金砂村→平家落人
高知の七ツ淵→平家の落人
祝島→平家の落人

美濃の守(父方先祖)→美濃源氏?

大江山で源氏に処刑された伊勢平氏
大江山で源氏に支配され反乱を起こした金工師



弓・矢

家系の血の相性が悪い者とは結婚してはならない。
もし、結婚して子孫を残すと異常児が産まれる。

などです。

母方が平家と関係がある疑いが生じています。
子孫かどうか?
父方は伊勢平氏の子孫なのか、美濃源氏の子孫なのか、何かかかわりがあるだけなのかわかりません。
金工とも関係があるような気がします。

平家の子孫と源氏の子孫は結婚できないと思うので、平家と源氏の婚姻ではないと思いますが、
そんなことがあったら、何か問題が・・・とも思います。
何だかモヤモヤしていますので、何かお気付きでしたら、ご教唆いただけますと幸いです。
陽巫宮 2011/03/25(Fri)【21:06】 編集
無題
hibikiさん、こんにちは。

地震の前に、大洗の海岸に鯨が打ち上げられてましたが、前兆でしたね。

また3月に入って新月の頃からは、強い不安感が来ていて、特に地震前の二日間は、異常でした。


実は、先週のスーパームーンにも、これに近いものが来ていたので、少々危惧していましたが、事なきを得たのは、時間が止まったからなんですね。

今回の、地震前の体調や精神的な不安感や行動を、覚えておくといいと思います。

動物の異常行動も要チェックですが、あまりに多かったです…またか、と思って氣に止めなくなった頃が注意ですね。

今回、何もできなかったことを悔やむのでなく、これを次に生かしていくように、との猶予を与えていただいているのでしょうか。

今のうちに、自分の古~い過去生の傷を癒しておきます(笑)そのための時間でもあると思うので。




(このコメント開示の判断は、お任せします、いつもありがとうございます)
sumie 2011/03/27(Sun)【09:15】 編集
Re 天ちゃん
こんばんは!

>今回の巡礼では、トキではないのですが、サギと誕生が一つのキーとなりました。

それは、すごい!何かのメッセージですね。

>道後温泉にはサギ伝説があります。

それは知らなかったです。今度聞かせてください。

>吉備津彦神社に訪れた時に、、、数匹の亀がおりました。まるで鶴亀でした。

倉敷の阿智神社も、そのような神仙道の作庭がすごいらしいです。今度行ってみたいです^^


>アオサギは、古代エジプトの聖鳥で再生を意味しフェニックスの原型だそうです。

そうなんですね!それも知らなかったです。そういえば、先日、廣田神社で見たサギも青っぽかったです。


>また、巡礼した3箇所の神社では、、、凄く誕生というものを意識しました。

生まれてますね!太鼓の皮は昔、鯨(イサナ)の皮で貼られることもあったようで、人間界への祝福やイサナへのイオマンテでもあったと思います。

>讃岐富士頂上でイメージしたのは、意外にもルシファーであります。それは、明けの明星。

自分も今日、尾張富士へ行った時、強烈に太陽神を感じました!


>おそらく次には、空が白み、、、、アマテラス(日の出)が現れると感じています。

ほんとにそう思います!


>僕の感覚では、今年あと2回のインパクトがあると思っています。

次に備えて、色々と準備しておきたいです!

これからもよろしくお願いします!!
hibiki 2011/03/28(Mon)【21:11】 編集
Re 陽巫宮さん
こんばんは!

平氏と源氏の問題も含めて、過去、天下を二分した戦いなどで敵同士になった人たちも、後世では混血しています

つまり、私たち日本人の中の血には過去、敵同士だった人たちの想いが流れており、それを争いの方向に持っていくのも和合のほうに持っていくのも、現在に生きる私たち次第であるということだと感じます。

ただ、過去何が起こっていたかを知るのはとても大事なことであると思いますので、それを解明しながら和合していくのが、最も合理的な方向ではないかなと思います^o^
hibiki 2011/03/28(Mon)【21:24】 編集
Re ひろみさん
こんばんは!

>村の教会の鐘の上に、こうのとりが巣を作って、どうやら卵を温めている気配です。

こうのとりが巣を作るなんて豊かですよね~!大型のトリは、ある意味、付近の生態系の豊かさを表していると思います。


>こうのとりやときが自由に生きられる世界に
戻したいですね・・・。

ほんとです。。。地元で干潟を埋め立てて道路を作る工事に私を含めて多数の市民派の方々がずっと反対運動をしてきましたが、結局、自治体の暴走を止めることはできませんでした。

高知では水を汚すコンクリート会社に義勇軍が挙兵した過去があるので、今でも一触即発の状態です。。。(笑)ちょっと言い過ぎかな。。。でも、話し合いだけでは問題が解決しないのは事実です。


>今日、サラマンカへ往復したバスの中から見える風景を見て、、、、乗り越えることができる・・・。

ほんとですよね!なんとしてもやらないといけないですよね。一緒に時代を駆け抜けましょうー!
hibiki 2011/03/28(Mon)【21:52】 編集
喜怒
東電がプルートーであるプルトニウムの測定器を持っておらず、他所の機関に借りて測定していたことを知って怒っていましたが、

広島市の市長選に立候補している、現副市長のお名前が豊田麻子(とよだあさこ)さんだと知って驚きました。
トヨタマヒメですよね。
しかも、東北大学出身。
しばらく嬉々としていました。

それから、大江山の麓に元伊勢神宮や天岩戸があることにも驚いています。

対立と調和については、
馬頭星のアシュヴィニーの絵を描いたことがあります。
神話系で他にはシヴァも。
他には、イシスがオシリスを蘇らせようとする絵、
海獸に襲われそうなアンドロメダをペルセウスが助けに来た場面の絵を描きました。
いずれも今まで書いてきた私のコメントと関係がありますよね。
好き放題描いていたようで、描かされていたのかもしれませんね。

陽巫宮 2011/03/28(Mon)【23:50】 編集
Re sumieさん
こんにちは!

>地震の前に、大洗の海岸に鯨が打ち上げられてましたが、前兆でしたね。

そうだったと思います。鯨(イサナ)の後にイザナギ(津波)が訪れ、さらに今、イザナギ(凪)を感じます。


>実は、先週のスーパームーンにも、、、、時間が止まったからなんですね。

私は、そう解釈しました。

>今回、何、、、との猶予を与えていただいているのでしょうか。

そうだと思います。これは終わりではなく、始まりに過ぎないと思います。その中で私たちがどのように対策をたて、どのように行動するのかが重要だと思います。


>今のうちに、自分の古~い過去生の傷を癒しておきます(笑)そのための時間でもあると思うので。

そうですね!^^それも重要ですよね~

ゆっくり着実に進んで参りましょうー

hibiki 2011/03/29(Tue)【14:45】 編集
Re 陽巫宮さん
こんにちは!

>東電がプルートーであるプルトニウムの測定器を持っておらず、他所、、、怒っていましたが、

本当にあきれて言葉を失います。


>広島市の市長選に立候補している、、、嬉々としていました。

ほんとうですね^^トヨタマヒメですよね。


>それから、大江山の麓に元伊勢神宮や天岩戸があることにも驚いています。

結構、大事だと思います。


>対立と調和については、馬頭星のアシュヴィニーの絵を描いたことがあります。


そうなのですね!それは素晴らしい。。


>神話系で他にはシヴァも。他には、イシスがオシリスを蘇らせようとする絵、海獸に襲われそうなアンドロメダをペルセウスが助けに来た場面の絵を描きました。


それもすごいですね^o^

今度、ぜひ拝見させてくださいね!
hibiki 2011/03/30(Wed)【14:22】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399] [397
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
free
忍者ブログ [PR]