忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/06/27 [15:51] (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2008/08/04 [21:46] (Mon)

ヴィジョンヒーリング”サルタヒコ”による
構造思想からひとつ。

9.11→ジャパニーズスピリチュアルの勃興→女性主導のスピリチュアル
→女性性の回復

この流れには次の最終地点があります。

それは”巫女たちの草莽崛起”です。


女性たちがなぜこの業界に参入し
自らの存在価値を見出そうとするのか?
それは単に過去の自分を癒すためだけではありません。

過去の傷を癒し、本質の光を見出し
草莽崛起に備えるためなのです。

その準備が2001年より6年間で終わり
2008年8月より草莽崛起への現実的な行動
ネットワーク造りが始まるのです。

巫女たちは自分たちの可能性に気づいてないかもしれません。

ひとりの力はほんとうに微弱なものです。

しかし、その力が結集する時
日本は日本に生まれ変わるのです。

もののふの草莽崛起は武士ではなく
弥生時代の巫女たちの草莽崛起が起源なのです。
(物は物部氏のものでモノノケのものです。
光にも闇にも転じるモノノケを扱うのは巫女たちでした)

弥生時代、大量の大陸文化が流入してきた時
巫女たちは縄文の心の有り様、そして自然と人とクニの有り様を
なんとか守り抜こうと草莽崛起で世直しのために立ち上がりました。

政体としては邪馬台国までその草莽崛起は引き継がれ
文化としては平安時代の女流文学まで引き継がれました。

その後、音の世界は引き裂かれ
男性上位の無音と武の世界が開かれました。
山の神域には女人禁制が敷かれ銀河のエネルギーが女性を通じて
現実に投影されないように山封じが行われました。


1800年の時を経て偉大なる巫女集団は
黄泉がえるのです。

強く言った時もありましたし、きつく厳しく言う時もありました。
しかし、それは全てこの時のため。
ヤチマタを迷わず最終地点までお連れするのが
サルタヒコのお役目なのです。

現実を変える巫女たちのスピリチュアルは始まっています。

ひとつ前例ができれば後はドミノ倒しのように変わっていくでしょう。
前例が必要なのです、そして意識をひとつにまとめていく
ネットワークが必要なのです。
 

PR



  2008/08/04 [18:36] (Mon)

スピリチュアルを牽引してきた光のビジョン
”あなたの本質へと戻すお手伝い”もかなり広範囲に行き渡り
次なるビジョンが必要となっています。

もともと本質へと戻すお手伝いは
この次なるビジョンへと進むための最初の一歩でした。

私たち日本人は今、弥生時代の巫女文化および食文化
それを統合して構築された国家というものを取り戻す時期にきています。

世界の国々を見てください。
先住民族系の住民が国家を構築し、征服されながらも
現在まで継承されてきている国はありません。

西洋では先住民族系のケルト人が国家を形成しようとしましたが
ローマによって撃退されました。

ユーラシア大陸ではローマと中国が先住民族を征服し
根こそぎ狩猟採集文化というものを破壊していきました。

アフリカの各民族やアボリジニ、南米の先住民族は
国家を構築するほどの勢力になっていません。

先住民族の国家として繁栄したマヤ・アステカは征服されて以降
後継文明が復活してくることはありませんでした。

しかし、私たち日本人は先住民族を征服しながら
先住民族系の文化をかなり継承してきました。

その文化を世界のために活かさなければ
世界の崩壊はすぐそこに迫っているのです。

西洋のスピリチュアルにウツツを抜かす前に
自分たちのルーツとつながり
世界のために活かしていく弥生の衣食住のあり方というものを
取り戻さなくてはなりません。

そのための本質への回帰だったのです。

しっかりと自然界の声を聞き
しっかりと形而上学的に分析し
しっかりと現実を変えていく。

これが巫女文化であり、その巫女たちが草莽崛起で立ち上がり
小国家が連合し構築されたのが弥生の国家、ヤマトなのです。

質素で粗食なコンパクトな経済に移行していくことこそ
世界を破滅から救う方法です。

京都議定書でCO2削減を謳ってみても
誰かが低炭素な社会を実現し、それが幸福であると思われなければ
誰もその社会の真似をしないでしょう。

そういうモデルの社会を私たち日本人は過去に持っています。
それを実現しないことは、明らかに罪です。

ですからナチュラルでエコでもっと生活に根ざしたスピリチュアルを
目指さなくてはならないのです。

天の声、地の声を聞きながら
質素な衣食住を展開していく
それが自分たち人間の体にも良いのです。

ヘルスアンドビューティなスピリチュアルでもあります。

 




  2008/08/01 [10:37] (Fri)

自分が今月から行うビジョンヒーリング(仮)の名前は
サルタヒコになりそうです。

人間の幸福はほとんどの場合経済的自立を前提にして達成されます。

経済的自立とは自由を意味し
ナニモノにも支配されない独立自尊の精神状態を意味します。

しかし、現在のような資本主義の社会下において
巨大企業に属さない個人事業主がなんの失敗をせずに
荒波を超えていくのは困難であろうと思います。

しかし、未来は予測できます。

空が曇れば雨が降る。
雨が降れば川が荒れる。

今、目の前に起こる現象を前もって予測することは可能です。

要は嗅覚が研ぎ澄まされているかどうかなのです。

社会がこうなっていくああなっていくということを先読みすることができれば
ご自分の行われる事業というものはその未来の予測に合わせて変化させ
社会の変化に応じて必要とされ、その対価として貨幣が供給されます。

その嗅覚を養うのが、ビジョンヒーリング”サルタヒコ”なのです。

未来を予測できなかったばかりに
投資を失敗し大損をした方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そもそもそれは決められていたこと。
必要以上の”得”をしようと思ったことに対して
未来が”損”をもって埋め合わせたのです。

こういう法則は日常にはたくさん転がっています。

結局は、健全で質素な精神を保っていくことが
嗅覚を研ぎ澄まし、未来からギフトを受け取る事を可能にするのです。

この感覚、頭ではわかっていても
日々、実践することは難しい。

そして自分の肉体と意識をクリアにして
自然界からの予測を受け取るまでには時間がかかります。

しかし、それは一度、身に付けてしまえば
一生の宝になります。

つまらない寄り道をすることもなく
自らの魂の道に沿った道を歩むことができます。

サルタヒコの鼻は無用に長いわけではありません。

嗅覚を研ぎ澄まし、未来を予測し、健全なエネルギーで
社会をおサエていくためにあります。

サルタヒコはこのおさえるの語源である
サエの神(ヤチマタヒコ)とも密接に関わっています。

そのエネルギーの活用法や拡散法など
段階に応じて説明していき、体験して頂きます。

これは誰かが勝てば誰かが負けるというようなゼロサムゲーム的なものではありません。

皆がこのサルタヒコのエネルギーを理解し
大地の声を一斉に聞き、それに瞬時に対応するようになれば
社会はなんの滞りもなく辻褄が合った形でまわります。

貨幣というエネルギーも滞りなく循環します。

経済が縮小するのは人々の欲望を洞察できなくなることから始まります。

人々は何を求めているのか?
これを知る者にこそ貨幣というエネルギーは集まるのです。

 




  2008/07/31 [16:59] (Thu)

市民レベルでは空前の不況ですから
(国のGDPはバブル崩壊前までのレベルにようやく持ち直しました)
たくさんの若い方がスピリチュアルの市場に参入し
好きなことをやるのは当然の流れであるし
自己実現をしようと頑張るのは良いことだと思います。

私たちもそのような方々のバックアップをしてきましたし
これからもしていくでしょう。

しかし、こういう真面目な方々が報われるように
市場を健全に保っていくためには
市場の信用度が保たれてなければなりません。

それを実現するためのシステムというものが必要でしょう。

個人への癒しが継続されるために
スピリチュアル業界はもっと明確なメッセージを発する必要があるでしょう。

誰が全体の利益を損なわせているのか?
それを判断するのは難しいでしょう。

しかし、それをやらなければ全体が損なわれます。
スピリチュアルはそういう段階に入っています。

誰かがそれをやるのではなく
皆でその判断を決めていけば良いと思います。

そのための機関をグループを創る必要があるのです。

そのひとつの考え方としてネルスピを提唱します。

これを考えることによって
私たちが一体これからどういう価値に基づいて
社会を形成していくのか。
そういう感覚が養われてくるとも思います。

それこそが社会であると思います。

そういう話し合いこそが私たちの中で欠けていると思います。

戦後世代が創った価値に基づいて
これからも生きていくことが私たちにとって幸福でしょうか?

なぜ、スピリチュアルに興味を持ち、参加されるのか?
それを考えると私たちがどういう社会を目指しているのかがわかります。

健全な市場を維持し、私たちが自由な経済活動ができるように
信頼度のある業界を創っていきましょう。


 




  2008/07/28 [17:14] (Mon)

ラビングアースを始めて最初の3年間は店舗で
お客さんと対面で接していたのですが
お客さんがお持ちになっている個々の事象の問題に取り組む機会が
多かったため、自分に降りてくるエネルギーを翻訳できなくなっていた
という理由もあり、Webのみでのご販売に移行させて頂いておりました。

しかし、その後3年間の充電・集中期間があり
今回の白山行きを経て、完全に翻訳ができたと感じています。

これから3年間は今もらっているビジョンを現実にするために
たくさんの方々に、またお会いし
エネルギーを重ねさせて頂く事になると思います。

それに伴って不調を抱えられている方々の問題が
個々の問題ではないということも
これからの活動で証明・改善していけるようになるのではないか
と思います。

自信のなさとか愛の不足は個々のエネルギー問題ではなく
民族的なもっと大きな問題。

その社会的なヒーリングを文明の構造転換を伴って
実行する事ができそうです。


対面→篭もり、と来て、また対面に戻るのではなく
次は融合を行うということになると思います。

最初の3年間はこちらから一方的に情報を発信するという形でしたので
かなり体力的に消耗しましたが現在の状況は変わっております。

個々が存立し融合の準備が整う環境となってきております。


自由で平等な関係を築くために違いを超えていきましょう。


 




[1] [2
  HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]