忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/05/26 [01:24] (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2011/05/09 [11:32] (Mon)

おはようございます!

先日から募集しております(ハリママスターテンプル/HMT)ですが

かなり説明不足もあり、色々と個別にご質問など頂きましてご迷惑をおかけ致しております。


わかりやすくご説明致しますと、現在開催しております(1年目) - (2年目) - (3年目)のスクールがありますけれども、これらのスクールが大学だとしますとHMTは、通信講座大学となるようなイメージになります。

そのため、月々必要となります費用も正規のスクールの3分の1以下です。費用が明記できないのは、金額設定を含めましたこのモデル自体が盗用の対象となるからです。

現在スタンダードとして存在しますエネルギーワークの市場価格を崩さずに提供者/クライアントさま両者が繁栄していくためにはこの方法しかありません。

できる限り安価な金額設定をしまして才能ある方々に頂点へ昇りつめるためのチャンスを掴んで欲しいというのが私の目的です。

ですので文末以下フォームにより個別にお問い合わせくださいませ。


受講料の違いはありますけれども、【大学と通信大学がどちらが優れているのか】という議論が無意味でありますように、クオリアとHMTの優劣を論じることも無意味であります。要するにどちらでもやる気さえあれば昇り詰めることはできるのです。

ただなどの正規のスクールでは、より多くのチャンスとより多くの体系的かつ継続的なプログラムが用意されておりますので、モチベーションが同じであれば正規のスクールのほうが結果が出るとは思います。

そもそも昇り詰めるとはどういうことを意味するのか、という問いを持ててない場合は、たぶん私がここで書いていることの意味がほとんどわからないと思います。

ですから、このメッセージは問題意識を持った才能ある方々に送っております。

ヒーラーとは愛の道でありますので、ヒーラーになって賞賛されたいとか自分のコンプレックス(劣等感)を埋め合わせるために名誉や金銭を受け取るものでもありません。


愛の道は結果的に、愛の体現か愛のロゴス、もしくは癒し手などとなります。


愛の体現とは、宗教者の道であり、愛のロゴスとは私がここでやっております文字を中心にして行う哲学的活動でもあり、最後の癒し手の道がヒーラーの道となります。


でありますから、自分はキリストの生まれ変わりであるとか、私には最も位の高い神さまがついているとか、私は生まれつきシャーマンであるとか、そういうことを言う人たちは、ここであえて言うまでもないですが、それは残念ながら本物ではありません。


エネルギーとは愛であり、自分が上位であることを示して他者を支配することではありません。この支配/被支配の関係を洞察できていないもの、あるいは心理学的にそれを利用しているものは愛ではなく支配欲にとらわれます。

その結果、肝心なエネルギーを全く洞察できないという悪循環に陥ります。

また、これも何度も言ってきておりますが、光と闇の両者を洞察できないもの、あるいは統合できないものは、その恐れからダークサイドへと堕ちていきます。

東京では2年以上も前からそのテクニカルブロッキングをやっていましたので、関東のスピ業界はダークサイド落ちは回避されております。ただ関西は、未だに脆弱性が高く、問題意識自体が醸成されていないのではないかと疑われるような事象もございますので、関西圏に合わせたテクニカルブロッキングをやっていかなくてはと考えています。

それが、今回発表しましたHMTにもつながっております。


ということでございまして、少し言い忘れた部分を追記致しますと、HMTはなどの正規スクールのように、対面セッションなどのワーク開催日があらかじめ設定されているわけでもありませんし、通学の必要もありません。主にWeb/遠隔主体ですので、家にいながら受講できます。ですので海外在住の方のご参加もOKです。

受講できると言いましても、そこに拘束力があるわけではなく、自由参加/自由研鑽が基本となります。通信講座のテキスト、そして講師との簡易的なやりとりがあるといったようなイメージになります。

しかしながら、頂点に昇り詰めるための数々の支援プログラムは用意します。各々の歩幅に合わせた幅の広い活動となります。全て私(hibiki)がご担当致します。


巡礼は、遠隔学習の素材として行うものであり、それ自体が目的ではありません。ただ、参加は自由になります。巡礼日やワーク日は不定期であり、参加者の希望により効率的と判断できる場合は、複数開催される場合もございます。

ただ、この金額設定からもおわかり頂けますようにその中で個人セッションのような濃密な個別対応があるわけではございません。生徒さん同士の相互研鑽、濃密なテキスト、自発的参加、自由な雰囲気が特徴です。

やってもやらなくてもいいので基本、楽であると思います。

この中から才能ある方々が出てきますと、の専属ヒーラー、あるいは専属講師になることができます。

あるいは、数々の支援プログラムとは、ひとりがひとりがこの業界で経済的に自立することを目的にしたものでありますので、生徒さん同士がお互いのサロン創設のために協力し合うという将来像も獲得されております。


要するに、『皆が創造主となってお互いに協力してなんでもやってください、でも倫理(法/ダルマ)がなければ続かないよ♪』ということです。

特に震災がありましたので、2年後のスピ業界は激変していると思われます。伝授系エネルギーのサロンをやられている方はほとんどやっていけなくなると思います。より多くの人が現実に気づき、実際的な力を求めるようになってきているからです。

私がやろうとしていることは、産土神系エネルギーワーク/ヒーリングセッション(同じ産土神系では伝授あり) Copyright(C) 2011 Harima_Master_Temple All Rights Reserved です。これを抜き出す方法を technical method(テクニカルメソッド/技工法) と呼んでいます。それがHMT内で公開されます。


それとこれもご質問頂いておりますが、HMTには特に対象者に限定を設けてはおりません。

播磨となっておりますが、播磨在住の方限定ではありません。



播磨は弓張りからきているのではないかというインスピレーションからもこの企画は始まっています。

つまり、弓張りは月ですので、このブログで何度も言及しております月の女神オオヒルメ(アマテラス)に迫る内容のものになると思いますので、全国的に関係があると思います。

そこに聖徳太子が絡んできますので、男性性エネルギーと女性性エネルギーの何らかの交錯があるわけです。そこに姫という地名が絡んでいますから、おそらくは古代のヒメ/ヒコ制に遡及できるものになりうるというのが私の直感でございます。


磨はおそらくマナ(愛)のマであり、これはまさに遍照であると思っています。そして金剛が聖徳太子。だから而二不二(ににふに)。このエネルギーを抽出して、エンティティ(実体)を認識できる人が現れればその方にエナジーワークかヒーリングの提供者になってもらいたいと思っています。(もちろんこのエンティティを提供する方はレイキなどを実践し、基本を知っている方のみとなります。偏っていない方を選ぶと自ずとレイキや基本的なことをやっている方が選択されます。つまり、エネルギーパイプを通すということは偏りを取り除くということなんですね。レイキは気功をやられている方なども最終的に行き着く場だったりするので重なっているところが多いです。そういう気の文化を否定すること自体がエネルギー的に偏っているといえます。レイキを否定する方はほとんどの場合、嫉妬が根底にあり、エネルギーワークをやって生きていきたいのにそれができない/できていない自分を責めることによってレイキ否定へと転じていきます。つまりスピリチュアルの基本である自分を赦すことが全くできていないわけです。この問題は私の個人セッションOne_and_Rayで全て解決されます。スピに関係しているのにスピにネガティブな感情を持っている方の裏側には必ずといっていいほど劣等感と嫉妬が存在します。そのようなあまりにも初歩的過ぎる問題は私のところでは対応しかねますが、そういう問題もひっくるめて高みに昇りたいという覚悟がおありならば私も十分な対応をさせて頂きます!つまり、やる気になった方には100%のバックアップをさせて頂きたいと思っています。それがこのHMTでもあります。)


この而二不二(ににふに)のエンティティがすごいんですよね。だからこそ昔は密教という形で隠されていたんだと思います。


3月の末に聖なる水巡礼に行った時も愛知県にヒメやククリなどの地名があり、非常に気になっていました。

その延長線上にもあります。ひょっとしてこのククリが〇〇〇〇につながっていたらどうしましょう、とか感じています、、、乞うご期待^^;。。。HMT内で


様々なものが重なり発表させて頂いた次第でございます。

それでは、どうぞよろしくお願いします!




皆さんが、それぞれのオリジナリティに到達して
自由に伸び伸びと生きていけますように
   -Harima☆Master☆Temple-
”ゆるエネルギー”+”ゆるチャネリング”+”ごくたまにゆる巡礼”
”ゆる学習”+”でもやる時はやるよ”+”がんばろう日本”




※なんびとも本Webモデルを模倣することはできません。理念/方向性/組織形態は私(hibiki)が細部に渡って思想的妥当性を付加し独自に創造したものでありますので、このインスピレーションを以って宗教的行為・経済的行為に転化することも知的創造物に対する著作権侵害となります。Copyright(C) 2011 Harima_Master_Temple All Rights Reserved




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ



  hibiki の個人セッションページ
 



  イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。




ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel

 

PR



  2011/05/07 [23:14] (Sat)
昨日UPしました播磨マスターテンプルですが、説明不足な分、早速ご質問を頂いておりますが^^;少しずつ書いていきたいと思います。

昨日少し難しく書き過ぎたんでしょうか、全然意味がわからないというご意見も頂戴しております。


まずエネルギーの側面から述べますと、スクールとかさせて頂いておりますので皆さんがスピに入ってきて、だいたい言われるのが『エネルギーを感じることができない、わからない、だから私は才能がない』というものです。


これは少し違っていて、セッションでもお答えさせてもらったりするのですが、『エネルギーを感じていないのではなくて、感じている自分の認識方法が見つかっていない』だけなんですね。


これはエネルギーの原理/原則論なので、ここでは深くは書きませんが(皆さんお金を払って学んで、将来それを仕事にする人もいらっしゃるので)それをあまり押し付けがましくない方法で気楽に学んで頂けるのが播磨マスターテンプルです。

情報をどの程度深く認識するかにもよりますが、1年間在籍して、ただ情報を読んで考え、感じ、発言していれば、ある程度エネルギーの外郭がわかるようなつくりにしたいと思っています。

ただそれがわかったからといってそれをお客様にすぐに提供できるわけではなく、どこまで認識して、どういうやり方で行っていくのかが昨日書きました法(ダルマ)の部分になってくるんですね。エネルギー(仏)が存在して、それを扱うヒーラー(僧)がいて、それが本当に社会的な愛と赦し(法)につながっているかを判断する必要があります。

その社会的な愛と赦し(法)が、社会的に効果を発揮すればするほど社会の見方も変わって、より必要とされるということでございます。お客さんを取り合って争う小乗仏教(小義)よりも、全体的な底上げを計る大乗仏教(大義)を選択するということでもあります。だからマスターなテンプルと呼ぶということなんですね。


このブログではそのエネルギーの蒸留の部分だけをリアルタイムで言及していたのですが、次元上昇で逆にそれを論理的に理解される人たちが出てきたので、より連鎖的反応を起こすエネルギーについては非公開の方向に進んでいくという次第でございます。


でありますのでHMTのほうで徐々にやってまいりたいと思っております。


エネルギーは『気』なので、短期間で習得することは不可能です。しかし、一回入り口を通過しますとエネルギーの複雑性は認識できなくても、それがエンティティ(エネルギーの実体)であるかどうかはなんとなくわかるようになります。

この論拠・根拠・思想的妥当性自体がヒーラーの方たちが自活してやっていく柱なのでここではこれも書けませんが、HMT内では普通に書いていくつもりです。

自分でサロンをやられている方はおわかりかと思いますが、お客さんに選んで頂くために必要なのはメニューの多様性ではなく自分の芯の強さなんですね。

その芯の強さを持つためにすることは〇〇の〇〇〇を認識することなんです。
(こんな書き方で申し訳ありません)




皆さんが、それぞれのオリジナリティに到達して
自由に伸び伸びと生きていけますように
   -Harima☆Master☆Temple-
”ゆるエネルギー”+”ゆるチャネリング”+”ごくたまにゆる巡礼”
”ゆる学習”+”でもやる時はやるよ”+”がんばろう日本”




※なんびとも本Webモデルを模倣することはできません。理念/方向性/組織形態は私(hibiki)が細部に渡って思想的妥当性を付加し独自に創造したものでありますので、このインスピレーションを以って宗教的行為・経済的行為に転化することも知的創造物に対する著作権侵害となります。Copyright(C) 2011 Harima-Master-Temple All Rights Reserved




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ



  hibiki の個人セッションページ
 



  イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。




ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel




  2011/05/06 [19:54] (Fri)
ご無沙汰しております。

投げかけたものが10倍にも20倍にもなって還ってくる太陽週間のようなGWです。

大地のマグマが人間を通して発火しているように感じます。これで大地の火のエレメントが少しでも鎮まってくれればいいのですが、何かそれを超えるようなエネルギー充満があるような感じを受けます。

とは言え、私も前々からもらっていたインスピレーションを、散歩してましたら突然の総仕上げの事物を頂き、改めて活動を開始する運びとなっております。

GSJのサイトにUPしました。

今回の播磨マスターテンプル(HMT)のインスピレーションは、2年前の雪彦山行きの計画の時から始まっておりまして、瀬織津姫との関連や妙見信仰との関係は、静岡のオタマと天白信仰でも記した通りでございます。


最近、このブログで言及しております思想的妥当性が私があまり望まない宗教行為で引用される傾向があったりするので、より本質的な部分はHMT内で言及していきたいと思います。

震災後、戸が開き、人々の関心がそちらの方向に向かってきておりますので、より安定した法(ダルマ)が必要となってきていると感じます。

その法(ダルマ)の中にこそこれからの社会的使命や社会的責任が存在しているので、簡易スクールという形になっています。

これは何度も言及しておりますが、日本経済思想は仏教(特にダルマの理)と陽明学のシンクレティズムから生まれており、このHMTから次代を担う人たちが生まれる可能性は十二分にあります。

それではどうぞよろしくお願い致します。



皆さんが、それぞれのオリジナリティに到達して
自由に伸び伸びと生きていけますように
   -Harima☆Master☆Temple-
”ゆるエネルギー”+”ゆるチャネリング”+”ごくたまにゆる巡礼”
”ゆる学習”+”でもやる時はやるよ”+”がんばろう日本”




※なんびとも本Webモデルを模倣することはできません。理念/方向性/組織形態は私(hibiki)が細部に渡って思想的妥当性を付加し独自に創造したものでありますので、このインスピレーションを以って宗教的行為・経済的行為に転化することも知的創造物に対する著作権侵害となります。Copyright(C) 2011 Harima-Master-Temple All Rights Reserved




お問い合わせは下記フォームからでもOKです。



※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ



  hibiki の個人セッションページ
 



  イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。



グリーンストリームジャパンサイトです♪
banar006.jpg


    


ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel




  HOME  
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
free
忍者ブログ [PR]