忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/12/14 [00:10] (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2011/08/21 [13:35] (Sun)
利他が行き過ぎると利己になります。

私の場合、すぐに行き過ぎてしまう感がありますので、その境界線というのは厄介な問題です。

一番良いのは必要な時に必要なことを取り出せる情報や認識をおしつけがましくない程度にそっと置いておくというのが理想ではないかと思います。

しかし、それが果たして社会が真善美の方向に向かうのかどうかに関して、これまで数々の疑問を呈してきましたので、それをなんとかするために行き過ぎてしまった感は否めません。



①顕在意識が望むものをサポートするのが良いのか

②潜在意識が求めているものを見せるのが良いのか

③集団意識を伝え、それを実現することが良いのか

④皆が望む社会を実現することが良いのか


様々なレベルで願望や希望があり、何かを適えると何かが犠牲になります。

何かを得るためには何かを捨て去らなければならないという真理を知っている人にとっては、あらゆることは善であり神聖ですが、そのひとつの真理を魂のレベルで理解していない場合は、変革は邪悪なものになります。


祈りとは、社会の様々なレベルにおけるこのようなミスマッチを統合/融合に向かうよう願うことであり、直接的に手を下すことではないように思います。

例えば、あるひとつの発言は、あるひとつの傷を増やすと同時にあるひとつの真理を与えます。


神聖すぎる言葉は、光に隠れた陰を増大させ見えない傷を増やします。

神聖ではない言葉は、見える傷(闇)と見えない光(悟り)を増やします。



社会が求めるものは圧倒的に前者であり、真理ではなく認知です。

しかし、認知は真理ではなくても大多数の方にとって大いなる真実です。


私にとって理ではなく実を採る行為は、※イヴ※が禁断の果実を食べた行為と同じです。


たとえ、それが最悪の結末になることを知っていたとしても、最後の最後まで付き添い寄り添いその多くの真実のサポートをするのが真実の祈りではないかと思うようなっています。

確かにこれまでの真理の祈りにおいても得たものは大きいですが犠牲にしたものも大きいです。

どちらが正しいというわけでもなく両方が必要なのです。


ただ私の場合は、今は真実の祈りのほうが必要であると思いました。


そういうことですので、活動の少しの軌道修正など致します。

個人セッションは、現在進行中以外のものについてはお休みにさせて頂きます。


みなさんのご要望を聞きまして、つなぎができればいいかなと思います。


RIMG3795.JPG








ちなみに昨日は明石港付近の岩屋神社-いざなぎ神社-いざなみ神社-若宮神社に行ってきました。

【いざなぎ-いざなみ-若宮】で三位一体がそのまま残ってると言いたい所ですが、私たちが本当に大切にしなければいけないものが寂れていて、欲望の巨大化の都市が豪華絢爛に輝く様は悲しみを誘いますね。

それはまるで私の中の磐長姫に対する郷愁と同じで、向こう側に見えます淡路のアワとともに、イワとアワの土蜘蛛と呼ばれた人たちへの強い愛着がこみ上げてきます。

その後の真実も受け入れつつ遠まわしな巡礼ができていければと思います。



※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用


 お問い合わせ


  
グリーンストリームジャパンサイトです♪
banar006.jpg


    


ラビングアースもよろしくお願いします♪



  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel

PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


色んな
方の意見を聞きたいです。

唐突な質問ですが、近い将来日本に、経済破綻や食料危機は訪れると思われますか?

最近、ネットやニュースでもアメリカの経済問題や金融破綻の話しを良く耳にします。
実際に過度な円高も進んでおり放射能問題も山積になっています。

また私が良く見るblog等でもそう言った話題はつきません。

仕事の都合上、私は今千葉におりまして、関東で広告代理店の仕事をしています。

実家は大分の田舎の方です。
祖父母の家には畑も田んぼもあります(荒れ放題な上に今は誰も住んでいませんが…)
今は実家の母や兄弟がたまに祖父母の家を掃除等してくれています。仏壇とお墓もあります。


なるべく自分の感じるままに、内側から溢れ出る声に耳を傾けてこれからの日本を生きていきたいです。
自給自足を田舎でしようか悩み中です。

神仏に通ずるhibiki様に自分の内なる声の聞き方やこれからの日本の動向のちょっとしたアドバイスをお伺いしたくコメントしました。

こういう事を他の方に聞いて悩んでいる時点で全くダメダメですけど(汗)

意味も無く生きてる事はあるのでしょうか?
意味があると思う事自体、人間の傲りなのでしょうか?

家族も守らなければならないですし。
半端もの 2011/09/02(Fri)【16:48】 編集
Re 半端ものさん
半端ものさん、こんにちは!
ストレートな鋭いご質問ありがとうございます。

>唐突な質問ですが、近い将来日本に、経済破綻や食料危機は訪れると思われますか?

はい。何らかの危機的状況は訪れると思います。問題はそれがいつどのような形で訪れるかであり、このブログのレムリアンリゾナンスという活動は、4年ほど前にその危機的状況をいかに回避するかという問いから始まりました。


>最近、ネットやニュースでもアメリカの経済問題や金融破綻の話しを良く耳にします。実際に過度な円高も進んでおり放射能問題も山積になっています。

4年ほどまえにドル基軸の崩壊の話しを書いてリンクを貼ってましたが、頭がおかしくなったんじゃないかとも言われました(笑)

>また私が良く見るblog等でもそう言った話題はつきません。

私にとっては、とても歓迎すべき流れになってきたなと感じます^^

なぜなら本質的に崩壊しているものをダラダラと続けるよりも一気に壊してしまって次なるステージに行ってしまったほうがすっきりするからです。


>仕事の都合上、私は今千葉におりまして、関東で広告代理店の仕事をしています。

広告とメディアとの関係が激変しておりますので、ご苦労お察しします。

>実家は大分の田舎の方です。祖父母の家には畑も田んぼもあります(荒れ放題な上に今は誰も住んでいませんが…)

そうなんですね!このレムリアンリゾナンスの活動の中に山村地域の活性化という項目がありまして、休耕田の活用は重要課題です。全国の休耕田を全て活性化すると自給率は、かなり上がると思います。

>今は実家の母や兄弟がたまに祖父母の家を掃除等してくれています。仏壇とお墓もあります。

関東におられる方は、そういうバックボーンを持っている方も少なくないと思います。


>なるべく自分の感じるままに、内側から溢れ出る声に耳を傾けてこれからの日本を生きていきたいです。

そうですね、それが良いかと思います。


>自給自足を田舎でしようか悩み中です。

それは素晴らしいと思います。ただ現代的な環境を考えますと、それに踏み込めないいくつかの壁が存在します。

便利さを維持することと、生活水準を落とさないために現金収入をどのようにして得るか、ということです。この2つの壁で躊躇される方も多くいらっしゃいます。

それを解決するために【物々交換+地域通貨+複数のスピリチュアルコミュニティの連携+コミュニティを活性化させる聖地巡礼者グループの拡充】に取り組んでいます。


>神仏に通ずるhibiki様に自分の内なる声の聞き方やこれからの日本の動向のちょっとしたアドバイスをお伺いしたくコメントしました。

ありがとうございます。ご質問して頂けると私も助かります。活動があまりにも広範囲にわたっておりますので、皆さんが今、どういうことに興味があるのか見失うことがあります。


>こういう事を他の方に聞いて悩んでいる時点で全くダメダメですけど(汗)

いえ、そんなことはないと思います。次なる過程というのは悩めば悩むほど開かれます。


>意味も無く生きてる事はあるのでしょうか?

生まれてきたこと自体に意味があると思います。


>意味があると思う事自体、人間の傲りなのでしょうか?

神仏は私たちの上位に位置しているわけではありません。常に私たちの心の中に存在しており、あらゆる感情に八百万の神々、そして多くの仏性が宿っています。

それを認めるのは自分の意識になります。神仏を敬うということは、ただ盲目的に神のエネルギーにひれ伏すのではなく、対等な立場で自分の内側に宿すということになります。

それが神人合一であり、天地一切が自分の意識によって開かれるという感覚も得ます。

それは決して神を越える力を人間が宿すわけではなく、神と共存する力を人間が宿すわけでございます。私たちが失ったのは、この【共存の力】であり、【和する心】であると思います。


>家族も守らなければならないですし。

お気持ちよくわかります。震災後、将来像を描くことができなくなった男性は、かなり多くいらっしゃると思います。 それでも家族を守っていかなくてはいけないというプレッシャーと会社の建前上、政治的発言を大々的にできないというフラストレーションはいかほどかとお察しします。

私は元々、毎日がサバイバルなので危機的状況に臨機応変に対応できますが、それだけが正しいとも思っていませんし、安定したご職業にあり、新たな一歩を踏み出すことを躊躇されている方がいましたら、何かお力添えできると思っています。

可能性や生きる道は無限にあると感じます。

何かヒントになることをお書きできてれば良いのですが、またいつでもお越しください!

最近は更新も少なく申し訳ありません。情報発信のやり方を今、改造しておりまして、もう少しで何かができそうです^^

ありがとうございました!
hibiki 2011/09/02(Fri)【19:17】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[450] [449] [448] [446] [445] [444] [443] [442] [441
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
free
忍者ブログ [PR]