忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/12/12 [02:00] (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2010/11/02 [00:52] (Tue)
なんか今、アトリエ計画のことで頭がいっぱいになっています。

ほんとはGSJの動画をこれからどんどん撮らなきゃいけないのに、、、


そういえば、昨日、アトリエらしき建物の前に畑があって、そこで Ne-Yo - Because Of You をやったらどうなるかな?とかぐるぐる回ってたような気がします(笑)

農ギャルが畑を耕してて、『君じゃなきゃだめなんだよ(Because of you)』って畑の前で求愛したら、場面が変わって、その農ギャルがチョーきれいになってクラブで踊ってるみたいな、笑えるけど、この融合いいなぁとか思って。もうPVのイメージできてるんですよね。

それをGSJでやるから!たぶん

そう、だからアトリエがないとだめなんだっていう結論に達したのか、、、

**********************************
アトリエ - クリスタル/ブレス作製
琵琶湖?  無添加コスメ/ネイルサロン
        野菜/ハーブ園/ティーカフェ
        SC準備委員会/EU加盟国人受け入れ⇒EU旗・日本旗を掲げる(日欧同盟議論)
        グリーンジャパン - 動画/ツイッター
        平屋建築 - セルフビルド - 木工家具ビルド
**********************************

なんか今日、ちょっと覚書してた。

できればハーブをやってそこで提供できるようにしたいけど、なかなか難しいよね・・・

野菜も不耕起だから。やってみないとどれくらい収穫できるかわからない。


ネイルサロンってのはよくわからないけど、ドイツの革新コスメのプロヴィダのマニュキアがオーガニックみたいで、そういうのをハーブと日本の柑橘系を組み合わせて生み出せないかな、、、とか。

もちろん世界の革新コスメをそこで提供したいとか、、、たぶんそんなにできないんでしょ(笑)イメージだけで

でも方向性はそんな感じです。

そこに外国の人に来てもらって、やっぱ日本文化に興味を持ってる人とか、オーガニック系の人がいいね。

オーガニック系同志で連携をとっていくというか、同じレベルでサブカルチャーを生み出していきたい。ドイツの緑の党はシュタイナーの思想を根拠にしているから、たぶん日欧でできることってたくさんあると思う。

例えば、シュタイナーのバイオダイナミック農法っていうのは、月の満ち欠けで収穫の時期とか決めるんだけど、これは日本の太陰暦と組み合わせたらすごい面白いことになるんだよね。縄文時代は月の文明だったからここを突き詰めていくと結構、すごいものがどんどん出てきますよ。

このブログでも何回も書いてますが、気になる方は過去記事でもご覧になってください。たぶんサトゥルヌスとかで検索したら色々と出てくると思います。



外には、EUの旗と日本の国旗が融合してるものを掲げたいっていうのがありますね。これはイクドの世界観に基づいています。私自身がフェニキアの魂を持っているというか、ギリシャ世界(哲学)の復活が、何が重要なエポックになると思っていますから、そこはどうしても必要ですね。


あとは、徐々にすこしずつ楽しみながら♪


※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用




~ rainbow ~ ~ blue*angel ~
 
 
 ●響の社会主義的活動として
  皆をおつなげしたり一緒に巡礼をしていきます。SC活動も全開!
  グリーンストリームジャパンはサイトイメージが出来上がりつつあります。
  スピ/農/歴史/地域再生 全部まとめてムーブメントに持っていきます!
  ベースは
オタジカラと笑いです。岩戸開きです。

※SCとはSpiritual Community(愛と思いやりに重きを置くスピリチュアル的コミュニティ)/ Socal Community(開かれた民主主義的性格を持ったソーシャル・コミュニティ)/ Supply Chain 超越  (原料生産から消費までの過程をできるだけ多くの人が関わり生きていけるモデル)の3つを大まかなコンセプトとしています。


●響の資本主義的活動として
  クリスタルの出張販売もヤッテます!特にブレスを作るのがイイと思います。
  交通費をご負担して頂ければ関西・中国圏は出張します!
  セッション時間は2~3時間です。その時間の中でブレスを作って色んな話をしたり
  ご相談を受けたいと思っています。
  チャクラとかエネルギーのこととか巡礼のこととか、SCのこととか、イクドの世界観だとか
  なんでも話できます。

  場所は”清浄な気”があると思われる神社とかになると思います。基本は野外です。
  そこでブレスを作らせて頂いて、気のつながり”Kizuna”貼れます。

  結構ユルい感じで大丈夫です^^
  『近くに巡礼に来た時に頼むネ』みたいな感じでもOKです。
  それでしたら、交通費をご負担して頂かなくても済みますし
  一緒に行った方たちとお話もできますし。

  とにかく流れが早くてクリスタルを全然UPできないですし
  (でも少なくとも近々更新はする予定です。)
  直接お会いして説明していくスタイルに徐々に移行していきたいと思っています。

  これに関するお問い合わせは下記まで



  
お問い合わせ


 

イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。


    
ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel


 

PR



  2010/10/12 [21:00] (Tue)
SC(スピリチュアル・コミュニティ)のことですが、どこまでこのブログで報告できていたか忘れました。

堅苦しいのは抜きにして【SC準備委員会】というものを作っています。


その中で、初会合場所というか、そういう話になりまして、その話がどんどん進んでイベントのような感じになっていきそうです。

愛知県某所なのですが、そこには英語をしゃべることができる若い方も何人かいるようですし、近い将来そこに外国の方を結合できれば、結構ハイペースで色々と進みそうです。

私的には、早めに動画を撮ってGreen Japan TV(仮)で流そうと思っていまして、私の『一人会議室』とか『一人世刈り』みたいなコンテンツ(?)をまず試験的に撮ろうと思ってましたが(ちょっとスベってしまいそうで怖かった)、ひょっとするとその会合などの一部を撮って放映するような流れになるかもしれません。


ま、いずれにしても第一回放映は来月くらいになると思います。まだサイトができてないですから。


コンセプトは皆から色々と出てきていて、基本的には”ウチにおいでよ!”みたいな感じ?


私的には

堅いことなしネ、自己紹介ナシ、講演ナシ、縛りナシ、親戚の家だと思ってキテネみたいな感じです。
(自分もいけるかどうかまだわかんないし(笑))


あとは

ゆるベジ、ゆるカジ、ゆるノミ、ゆる集まり、ゆるスピ、ゆるアグ、ゆるオタ、みたいな感じでしょうか、、、

アグはアグリカルチャー(農業)ね。


基本的には、コンセプトが”Home”だから、緊張してしまったり緊迫してしまったりっていうのはおかしいと思うので、なんでもアリみたいな感じで、皆それぞれが思い思いのことを楽しくやってるっていうか、気をそんなに遣わないけど、気を配ってるというか、ほんとの意味でSC準備委員会みたいな感じになるかもしれません。

そういえばB’zも”Home”を歌っていました。言いたいことがいなばさんと同じなので、ただ自分は詩を書きたいだけなのか、歌えば満足するかもしれないとも一瞬思いますけれども、でもそれじゃ社会は変わらないですし、これは理想なんですかね。いやでも自分の親の世代に普通にあったことですから、理想じゃなくて現実だと思いますし、取り戻そうと思えばできると思うんですよね。





とにかく気を遣い過ぎると長持ちしませんし、気を遣わなさ過ぎると、疎外感が生まれます。ここってほんとに”Home”で、私の親戚同士の会合でも(結構集まって老若男女が酒を飲むのですが)年寄りも子供も若者もオジサンも楽しくやってます。親戚同士なんかのある程度の人たちが気配りができてればその会合はうまくいくんですけど、サークルの飲みとかになるとあんまり話してない人たちを盛り立てていかないといけないと、基本、一次会では酔えないですよね。

歌って世話して飲んで、わけのわからないことを延々としゃべって、やってることが学生の頃から何も変わってないですよね。それがイイことなのか悪いことなのかを判断すること自体も面倒くさくなってきていて(笑)、ってかいいんじゃないの、これで。別に、、、アップ・ビートで行こうぜ! upbeat ※(貼るとこ間違えてる?)



それとSCには Social Community なんかの意味もついてくればイイかなとか思っていて、あと、資本主義経済の最終形態とされた Supply Chain (Weblio辞書)を乗り越えるという意味もつけたいと思っています。つまりマネジメントをもっと昔に戻してセグメント化するってことです。

このサプライチェーンマネジメントが、原料調達から消費の最後までチェーンで管理し始めたので、小規模農業者が全然生きられない世の中になってきました。私の地元ではまだ昔の市場的雰囲気が強いので人間のつながりで、各村の小規模農業者の野菜をひとつにまとめて中心部に持ってくるというような手法が年々レベルアップしています。

この小規模農業と半農半×の思想というのは結構、密接に関わっていて、半農半×でもうまくいけば自分で食べきれないくらいの収穫をあげることは可能で、余った分を売って現金に換えられたら全然違うと思うんですね。高知の日曜市は戦国時代からの歴史でそういう小規模農業者保全のシステムが残っていて、半農半×の思想が生きてくる設計になっています。たぶん他の地方にも残っていると思います。

ドイツでは自分家で発電した電気を売る人が多いようですが、そんな感じですね。半農半×と市の関係は、、、



ちょっとさっきウォーキング中に思いついたのは、ギルドとかマニュファクチャードを入れたほうがいいかなと思って、ハンドメイドを応援したり、小規模林業者・小規模農業者を応援するサイトにしたいと思っています。

私の知っているところでも、小規模林業者を守るために木質バイオマスの燃料になる木を持ってきた人には地域通貨を発行して、それを近くのスーパーや食べ物やさんで使えるようにしてるんですね。

これは結構、すごいシステムで「通貨とエネルギーを自給」するわけですから、大規模に木質バイオマスの原料を確保したい行政や大企業の利益と対立するんですね。そういうものと対立して弱い人たちを守っていくのは本当に大変なことで、市民ネットワークというものが必要です。


そのための Green Manifactured Japan TV(仮) です。綴り合ってる?


今、住んでます家の近くにたくさんの作家さんのハンドメイドの縫い物を集めて置いてある店があって、ちょっと値段は高いんですけど、結構そういうのっていいんですよね。それぞれの生活が守られるっていうか、機械化によって人間が切り捨てられないというか、多様性があって作品としてもおもしろい。人間は使い捨ての割り箸じゃないですからね。

別に機械化が悪いということではなく(私も先日”のぞみ”に乗った時、気持ちが高揚しましたから(笑))

そういうことを応援していくと、草木染めの染料となる木が山から激減していることなんかに気付く人も多くなってくると思うんですね。どんだけ山が壊れてるの?みたいな。


今日、雑誌で見たんですけど、東京の桧原村で木こりやってる若いチームがあるらしくて小規模林業をやっていきたいとか書いてあったのかな?イイですよね!

山に生えているのが杉なのか広葉樹林なのかわかっていない方もいて、それが戦後の植林政策の失敗でこうなってるということを共有できないと、なぜ間伐をしなきゃいけないのか、とか、山を守るということがどういうことなのか、というところを共有できないので、ほんとに皆と共有していきたいですね。


親戚にも山師とかいて、山守ってる人もいるんですけど、商社が最近メセナ活動の一環と称して山を買ってますが、”それ木質バイオマスの利益狙ってるよ!”とか言えない。皆、純粋に喜んでるから。神様ヘルプ!(笑)


 

お問い合わせ




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。

    



 
 

† Copyright(c) † Fantasy Stone Ygg de Le ciel




  2010/10/10 [23:32] (Sun)

助け合いのコミュニティということで、ちょっと今日閃いた事を書き留めておきますと、今、円高で外国の方が日本を旅行するのが厳しくなっていまして(それでなくても、外国の方が使用できる店や交通機関は限られているので)、誰か手伝ってくれる外国の方がいれば、泊まるところを提供できるようなシステムを作りたいと思います。


誰でもかれでもいいというわけでもなくて、できればフィンドホーンやエサレンなどの価値観を理解したオタク系の方が誰かの知り合いでいらっしゃれば面白いかなと思います。


そういう外国の方が宿泊できる場所を提供してくださる方も同時に募集します。


私が行っていた農業法人にも外国の方がたまに来ていたのですが、単発はもったいなくて、やる気のある若者がいれば(日本・世界)に限らず、これからの世界を担っていくスターになって頂きたいと思っています。


この2つの課題をクリアすれば、その場所がSCの拠点となっていくと思います。


もっとも早い段階で”世界融合”のメッセージを発していくことはとても重要なことであると思います。


それと、いらなくなったマンガ・アニメ・ゲームなんかは、その宿泊所に送って頂けると助かります。

外国のオタの人が暇しないようにしなければいけないので(それを目的にやって来られても困りますが、、、)


そこへレキジョムーブメントも差し込んでオタヂカラ全開のSCにします!

オタヂカラから”オ”を抜きます(抜くというか最後に回すと)と、そうですね、皆さんご存知の※タジカラオ※ですね。


アマテラスを天岩戸から引きずり出した張本人の神さまでございます。


ということで皆さんでオタヂカラ全開ということでお願いいたします!



そこで『わら一本の革命』(コスモ石油)をおこします!



コスプレもあるよ。





笑一本の革命、、、藁と笑の音がなんで一緒なの?



世界中のオタ系諸君!※アップ・ビートで行こうぜ! upbeat




お問い合わせ




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。

    



 
 

† Copyright(c) † Fantasy Stone Ygg de Le ciel




  2010/10/08 [01:34] (Fri)
強欲資本主義とか霊スピと対峙することによって、切り捨ての思考回路が習慣づいていたことに気付きます。

この世の全てを受け入れることは難しいことであるので、(むしろ愛が深い人たちには世界の悲しみから少し目を背けて一休みしてほしい)自分の中で何かを切り捨てるということは必要なことではあると思います。

しかし、これからやっていくSCの活動は、『誰も落ちこぼれない共同体・誰も疎外感を感じない共同体』が理念になっていくので、どこかに移住して実際の活動が始まる前にその雰囲気は醸成されてなくてはならないと思います。

誰も落ちこぼれない教育というのは、フィンランド型と言われていて、それぞれに合ったプログラムが都度提供されるので、落ちこぼれが出ない仕組みになっています。

私が行うSCの活動は、このフィンランドモデルを採用しますから、試験的な段階から皆が落ちこぼれないシステムを採用します。どんな要望も聞きたいし出来る限り受容したいと思っています。私だけがそれをやるのではなく、そういう雰囲気を皆で生み出していくということになります。それが理想です。高い理想です。現実はそう簡単ではない。今の社会では愛を受け取りたい人の方が圧倒的に多い。

価値観の違いは色々とありますが、SCを創るというひとつの目的に向かって進んでいきたいと思っています。

フィンドホーンになぜ世界中から人が押し寄せているかといえば、そこには人種や言葉の壁を超える愛という共通言語が存在しているからです。


それを日本でも造りたいと思っています。

日本においては光明皇后の※悲田院※や空海の※綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)※をミックスしたものをスピというサブカルの上に載せたいと思っています。

ですから、”能力の競争”という資本主義的思考回路を少し休めて、”いたわりの与え合い”という社会主義的思考回路をスピの中に取り込んでいきましょう。

最近は、ほんとに能力の競い合いみたいな状況が生まれやすくなっていて、ほんとに生きづらいと思います。


もう少し、肩の力を抜いて、助けあって生きていけるシステムというのもこれから作りますので、どうぞどんどん乗ってきてください。


SCのロールプレイングというのは既に始まっていて、例えばSNSなどのWeb上で助け合い・譲り合いが実現できてなければリアルでもそれができない可能性は高いので、SCなんていうのは夢のまた夢の話になります。

共同体というのは、喜怒哀楽を分かち合って、苦しい時は協力して乗り越えていかなくてはなりませんので、全体主義の社会になります。

ただ、その縛りの度合いというのは、調整できますので、それさえも話し合っていかなければと思います。


何にしても弱いものに対する愛が共通言語であり、ただそれが押し付けになってもいけなくて、自発的な譲り合いがあるようなそういう環境をどのように作っていくのかという途方もない挑戦なんですね(笑)


まあ、少しずつ、焦らず、実現すると信じて、、、

楽しく、ほんと楽しく。誰も落ちこぼれることもなく。


※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。

    



 
 

† Copyright(c) † Fantasy Stone Ygg de Le ciel





  2010/10/01 [22:44] (Fri)
何回も書いてきていますが(笑)例えば住宅費を削ってお互いが助け合いながら生きていくモデルは可能であると思います。

それがS・C(スピリチュアル・コミュニティ)


ただし、大きな問題点があって、この考え方が日本を覆ってしまうと何が起きるかというと経済の衰退が起こります。

『そんなの関係ないよ~』という方には、あまり意味を持たないかもしれませんが、SCは自給自足型の共同体なので経済規模が異様に小さくなります。(車は必要ないしTVもほとんどいらないし、スーパーもコンビニもいらない)

現代の資本主義社会から見ると異物になります。この思想を消滅させるために冷戦というものがありました。一般的には社会主義思想と呼びます。

この思想の問題点は、SCの中にいる人たち全員が協力するわけではない、ということです。これが共産主義の欠点でした。(社会主義=共産主義ではなくて、社会主義の中に共産主義があります)

しかし、古代日本の共同体はSCのように上手く運営されていました。それは祭りがあったからです。


何を祭っていたかと言えば、祖霊であり祖神でした。

そのような状態の中で明治時代に日本国という概念ができて、日本国でひとつの神を祀るという手法が編み出されました。それが国家神道であり天照大神祭祀です。


ですからSCをやるということは、こういうところにも踏み込んで国家そのものを自分の脳内で分解しなければならないんですね。

江戸時代末期まで私たち日本人が持っていた『地場の神を奉祀し、それぞれの地域で協力して生きていく』という連合政体の思想を取り戻さないといけないんです。

もうこれは考え方ひとつで、国家が何かをしてくれるわけでもないですし、政治が何かをしてくれるわけでもないですし、ましてやお金が何かをしてくれるわけでもないんです。

全てが明治時代に作られた幻想なんです。皆がそういう幻想を見ているから、現実的な問題が何も解決されないんですね。


民主主義は必ずしも政治や国会とつながるわけではありません。そこらあたりをほんとに日本人ひとりひとりが思想的になって突き詰めないとこの国の状況はどんどん悪化します。


日本の民主主義は古来より直接民主制的であったし、富の再分配もそれぞれの共同体の中で行われていました。

そういうことを皆さんに知って頂きたいと思っています。


ただ、このような社会主義思想は国内外の安全保障を不安定化させますから色んな問題が噴出してきます。


この問題を解決するために私は【地球国というひとつの国のメタファー】をイクドなどでどんどん提示していきたいと思っています。それは国連ともコスモポリタン(地球市民)とも違うものです。国連もコスモポリタンも、まずそれぞれの国ありきです。

でも私は”国なんてそもそもなかった”という考え方の下で提示していきます。国家とは、ほぼ自国の歴史がアイデンティティの拠り所となっていますから、世界共通の歴史を作れば世界中がひとつの国になるという寸法です。


ですからイクドにはオリエントや北欧、中国などの様々な神話が盛り込まれています。元々はユーラシアの信仰はほぼ同じものでしたから、不可能ではないとは思います。

現在の都市の原型である”都市国家ポリス”にまで踏み込んで{人と都市、そして自然の在り方}を問うていくつもりです。



少し話は変わりますが、3年前にレムリアンリゾナンスの活動を始めまして、来月で3年が経過します。当初は色々と白い眼で見られていたのですが、聖地巡礼もだいぶんムーブメントになってきましたので、次の段階に移りたいなと思っています。


もう一度、おさらいしますと

1、スピリチュアル業界の安定化・活性化のための遊休資源の活用事業

2、メディア事業

3、教育事業

4、社会資本再編成事業(富の再分配)


これがレムリアンリゾナンスの4本柱でした。



1とか3はクオリアとかアメノマリアによって現在進行中なので万事、良い方向に進んでいくと思います。


それで私は、イクド・ルシェルもやりはじめまして本格的に2のメディア事業に取り組んでいきたいと思っています。

折りしも地方ラジオ局の広告収入減による衰退が目立ち始めておりまして、権利の返却などの事態も発生してる模様です。なんとももったいない話です。

当方、無限にスピリチュアルコンテンツを持っております!

一緒に活動してくれる方を募集したいなと思っています。


イクドの世界に通底する考えをご理解くださり、一緒に情報発信・ご活動してくださる方。


聖地巡礼もできればustream配信でやりたいと思っています。


リアルタイムで映像を発信し、祈りとか謎解きとかもリアルタイムでツイッターでフィードバックして頂くという手法です。(←ここ案ですけど、知的所有権貼っときます。大事なところですから)† Copyright(c) † Fantasy Stone Ygg de Le ciel


まだ行かなければいけないところがたくさんあってコンテンツは限りなく作れそうです。

それがとりあえずメインのコンテンツで、メディアサイトには色々なグッズを並べておきます。
† Copyright(c) † Fantasy Stone Ygg de Le ciel


できれば服飾関係の方にもご参加頂いて、映像もリアルタイムのドラマみたいにしたいのでもちろん服装もコスプレ系でいきたいです。)† Copyright(c) † Fantasy Stone Ygg de Le ciel


テーマソングもしょうがないので私が歌いますので(笑)打ち込み系のサウンドを作る人が一人いればOKです。

たぶん5人くらいで全然できるので一緒にやりませんか?というご提案でございます。


ご自分の創った古代巫女系のコスプレを発表・販売したい方。

ご自分の創った古代ファンタジー系の楽曲を売りに出したい方。

ご自分の創った古代巫女系のアクセサリーを発表・販売したい方。

その他、神話系グッズや自然派グッズを販売されたい方。

リアルタイムの映像発信で新たなメディアの形を模索している方。

などなど、なんでも構いません。


会社のようで会社じゃない、新しい働き方です。

好きな時に参加して成果が出ればその分だけ報酬が受け取れるという仕組みです。


最終的に私が目指しているのは、黒澤明さんの周りにいた製作集団というか世界最高のものを作るのに努力を惜しまないコンテンツ集団です。

できればその集団の中で衣装(アクセサリー)・楽曲・映像・Webなどを最高水準で自給自足できる集団を作りたいです。

才能あるけどヒノメを見ないアーティストの方って結構、いますからね、、、


その集団が全国各地のSC間を移動しながら情報発信していきます。なんかおもしろいでしょ?^^
(それは単に木〇大サーカスだろ!と突っ込まれてしまいそうですが^^;)


ピンとキター!方がいれば【イクドメディア希望】と書いてどうぞご連絡ください。

お問い合わせ




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用


イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。

    



  
 

† Copyright(c) † Fantasy Stone Ygg de Le ciel




[1] [2] [3] [4
  HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
free
忍者ブログ [PR]