忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/06/25 [23:04] (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2009/04/08 [13:51] (Wed)

hibiki の個人セッションメニューにも記載しております通り、男性サニハと女性シャーマンによる『スピリチュアル・コア』という聖地巡礼グループを徐々に創っていきたいと考えています。

スピリチュアル業界は自らを目覚めさせた方々が大地を神を目覚めさせていくという段階に入りました。米国由来のクリスタルヒーリング・エネルギーワークなどはこれからの日本の目覚めにきっかけを与えた前座に過ぎず、これからがスピリチュアルという業界の本番になります。

不況の煽りを受けて、冷やかし半分で業界に参入してきた金目当ての自称スピリチュアリストが急速に姿を消し始めています。これは本当に良いことであると思います。もともと純粋な気持ちで日本のスピリチュアルを立ち上げてきた方々が残るでしょう。

その時に本質的な光が日本に充満するのです。

『スピリチュアル・コア』は移動生活者の復権でも書いたように、都市と地方をつなげる移動グループでもあります。修験者の復活とでも言いましょうか。講のようなものでもあります。もっとかなり先になるかと思いましたが、時代はかなり急激に変化してきております。

おうちスピリチュアルではなく、そういうアウトドアの本気スピリチュアルにこれからは思想的妥当性を与えていきたいと思います。

ただ、少し気をつけないといけないのは、シャーマンだけが固まると新興宗教になってしまうということと、日本の神さまだけに言及すると国家神道の復刻に力を与えてしまうということです。

ひとつ重要なことは、修験とは後期大和朝廷の中央集権国家に対抗して生まれたものです。ですからそこには前代の真の大和の自由主義があるわけです。それがなければ明治時代の蒸し返しか、支配を強要する新興宗教の出現になってしまいます。

ベースは現代の自由・平等・博愛、法、論理的思考であるのは変わらずに、プリミティブな世界に突入するということです。かなりのインテリジェンスが必要でしょう。

歴史にも精通しておかなくてはならないですし、西洋哲学や東洋哲学にもある程度触れておかなくてはならないと思います。その上で様々な神話の世界をシンクレティズムさせていく。

ものすごく難しいことですが過去の日本人はいとも簡単にそれを成功させています。神仏習合だけでなく、シュメール、ヒッタイト、フェニキア、ユダヤ、古代キリスト教、ゾロアスター、ミトラ、エジプト、などの様々な宗教を縄文の神と結合させ、時に異教の中でさらに縄文神は輝きを増したりもしたのです。

それは現代のように単に文物を取り入れ、麻薬のように異教に洗脳されている状態とは、心のステージが雲泥の差です。自分ありてこそ異教が役に立つのであって、自分なき場合の異教は植民地支配となんら変わりはない。

真の和合とは存在と存在が融合することであり、互いの存在が存在意義を消しあい妥協することではありません。

日本こそ積極的なシンクレティズムを発信していく立場にあります。

先達という職業を復刻せねばと考えています。職業が確立され金銭が動けば文化が発達しますので、社会は変わるのです。目先の小義にとらわれず、聖地巡礼グループが生活の糧を得るシステムが必要です。


∮ Energycopyright(c)∮ 
Loving-earth 

 
 

 Crystal&Healing LovingEarth

banaloving2.jpg 
 


 

PR



  2009/01/06 [11:04] (Tue)

日本をまともな国に戻すためにスピリチュアルコミュニティの創設ともうひとつ重要な要素があります。

それは移動生活者グループの復活です。

明治時代に国家というものができるまで、日本では移動生活者グループが各地方の文化交流・伝播の重要な役割を担っていました。

そのことによって国家ではなくクニというものが維持され、幕府というものが成立していたのです。

この移動生活者グループとは、修験者やサンカ、遊女・浪人などの生き方をする人々のことを指します。

明治国家体制下では、このようなグループは管理しにくい、また反乱しやすいので、全て禁止され定住させられました。日本の人口の中でも2割から3割ほどはいたと思います。

これらのグループと定住者グループがお互いに補完することによって日本というクニは清浄に保たれておりました。

それが明治時代に禁止され中央集権国家が出来上がりました。

その限界が今、来ているのです。

ですから、この問題を解決するためには、移動生活者グループを復活させるしか日本を正常に戻す方法はないのです。現在の道州制議論にはここの視点が抜けている場合が多々あります。

中央集権国家を終了させ、地方自治に力を持たせるためには、この移動生活者グループの復活が欠かせないのです。

これがなければ、各道州が利益を争って戦争を起こすようにさえなります。


さて、この日本の移動生活者グループ、起源ははるか古代に遡ります。

日本には日迎え、日送りという行事が今でも残されております。
これは縄文時代よりもはるかに遡る太陽信仰時代の習慣です。

春分で太陽の復活を祝い太陽と共に西進し
秋分で太陽の休息を祝し太陽と共に東進していた彼ら

これが移動生活者グループのもともとの起源です。

彼らが通る太陽の通り道にはスピリチュアルコミュニティのような村がいくつもありました。その村が彼らが移動生活を行うことを可能にしていたのです。

修験者も山に籠もり、里に降りてきて神を伝えることによって布施をもらって暮らしていました。このように日本では古代より移動生活者と定住者が相互補完的な役割を担い、清浄なクニというものを保っていました。

こういうあり方に戻さなければ、日本は世界はもうモタナイのです。日本人はこの小さな島国に1万年以上も住み続けています。南米・北米、ブリテン島の3、4千年の歴史から見れば驚異の歴史です。大陸では征服者が変わり続けていますのでこの限りではありません。


スピリチュアルコミュニティと共にこの移動生活者グループの復活は行わなければなりません。もちろんこれはスピリチュアル的なものであるので、このような魂を持っている方は既にスピリチュアルに興味を持ち、この業界で活動していることでしょう。

あまり知られていませんが、このクニに修験者(移動生活者)の魂を持つ人はかなりの割合で存在します。

そのグループのための社会体制を整備すれば、このクニに鬱積する鬱憤をかなりのレベルまで軽減できるはずです。

このようにして社会問題は解決していかなくてはなりません。

現在の定住的な社会体制は140年ほどの歴史しかありません。移動生活者と定住者との補完的社会体制の1万年以上の歴史から見れば、ほんの一瞬です。

現代社会の小さな常識にとらわれず、国家を改変するグランドデザインを描きましょう!



1/31オリジナルブレス講座と2/1レイキ交流会
受付開始しました。







シラヤマリアのエナジークリスタル

∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth  


 




  HOME  
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]