忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/11/25 [03:35] (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2009/04/20 [15:44] (Mon)

最近はサスラヒの女神についての考察が続いていますが、これを突き詰めていくとすごいことがわかってきております。

サスラは流浪の語源と思われ、サスガは流石の語源と思われます。言語学的な語源探しは専門の方に任せるとして、ここでは、詩的な切り口でこれらのサスに迫ってみたいと思います。

サスラは浪(波)なので女性的です、一方サスガは石なので男性的です。サスラ姫に対応する男神を探しましたら、なんとスサノオらしいのです。確かにスサは反対から読めばサスになります。これで辻褄が合います。

よく考えて見ると、日本中の地形で湾になっているところは、ウラ(浦)と呼ばれ、突き出ているところはミサキ(岬)と呼ばれます。ラはおそらく女性形でカ行が男性形だったのではないでしょうか。

サカ(坂)は険しいので男性でサラ(更)地は坂がないので女性形。

これを考えると、七夕の『笹の葉、サラサラ』のサラは女神を祀った唄になりますね。


サスガは明日香や須賀(蘇我)氏にもつながっています。もともと男性と女性を祀っていたものが分裂した可能性があります。

従って、明日香(飛鳥)は男性的であり、女神のエネルギーは出てこないのかもしれません。
そう言えば、箸墓は倭迹迹日百襲姫がホト(女陰)を突いて亡くなった場所でもあり、女性性が破壊された痕跡は探せばありますね。
スサノオがヤマタのオロチを倒してスガスガしいと言ったのは、強烈なメタファーであり、男性性が女性性のサラサラを封印しましたよ、という意味になるでしょう。

八重垣で女神を封印してしまったのです。

飛鳥はその後の日本の男性上位の社会が形成される原点にもなったのかもしれません。(それまではヒメ・ヒコ同列の巫女社会でしたが)

『日が射す』と言いますが、日がなんの滞りもなくサラサラと流れるさまをサスラと呼び、日がなんらかの障害物(こだわり)で留まるときにサスカと呼んだのではないか。そしてその裏側にカゲ(影)ができますが、これも男性形なのです。

このように日本の古語には、フランス語のように男性形と女性形があった可能性があります。


浦を裏とし表という言葉を生み出したこと自体が怪しい。もともと岬も浦も並列であり、日も影も並列であったはずです。まさにこの日本語の改変こそ、ヤマタノオロチ討伐ではないかと思います。

山梨の八面(ヤツオモテ)、安曇野の八面大王、高知・徳島の八面王(やつらおう)、大分の八面山などの根底にある思想は(八面思想とでもいいましょうか)、”全てが表である”という思想です。表裏一体もここから出てきていると思います。

なんだかこれは、表と裏を創作した朝廷に対抗するかのように叫ばれたものであるとも受け取れます。しかもこれらのグループ・王はヤツラ(悪神)として朝廷に徹底的に討伐されました。

やはり、今やらなければならないこととは、この表と裏の統合であり、古代認識への回帰なのだと思います。

サスラヒもサスカヒも同じ日が射すヒガサス神です。ヒガサスはペガサスに音が似ていますが、全く無関係というわけでもなさそうです。


 5月2日 ワーク&個人セッション in 京都


∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth 

 
 
hibiki の個人セッション では、お客様が日常生活の中で受け取りましたメッセージの解読なども行っています。石から声がする、急に~へ行かなくてはいけないような衝動に駆られる、などの現象が発生している場合は是非一度お問い合わせ下さい。



 Crystal&Healing LovingEarth

banaloving2.jpg 
 

PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]