忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/12/13 [16:20] (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2009/04/19 [10:31] (Sun)

諏 訪 大 社(下社) の行事(九月)

上記ページには諏訪大社下社の祭事が記載されていますが、ものすごく重要なことが書かれています。私たちも下社秋宮を訪問した後、霧が峰の八島湿原のほうに引き込まれて迷い込んだのですが、何も建物がなかったのとすごい残雪だったので引き返しましたが、どうやら大 元 尊 社という社があるみたいです。

下記掲示板にはかなり詳しいことが言及されており、この大 元 尊 社と北極星が関連しているというのはまさにその通りだと思います。

神奈備にようこそ 掲示板 平成十九年 十二月

それが宇佐神宮の奥宮の大元神社・御許山と関連していたとすれば驚きです(宇佐の原信仰が北極星信仰だということは最近見えてきました)宇佐の東には黒曜石の産地として有名な姫島がありますが、ひょっとすると日本の北極星信仰というのは、本当にベガが北極星から転落する時まで遡ることができるかもしれないのです。

これは文化を語る上で重要なことですが、妙見信仰が何もないところに渡来してきていきなり受け入れられるわけはありません。現歴史学では、江戸時代後期に日本人が西洋文明を取り入れる前に西洋的な思考と同期していたということは当たり前の認識になっています。それは現在の東京に世界中の文化が入ってきても、外国人がいきなりやってきて文化を広めたということにはならないということと同じです。

妙見信仰を受け入れる地域の古層には縄文時代もしくは石器時代からの北極星信仰が横たわっているのです。


また、下記ページには、諏訪大社の祭事が記載されていますが、もっとも重要なものは8月27日の御射山社祭だと思いますが、これが実は『高知のしなね祭』(しなねとしなのがつながるというのは以前どこかで書きました)と同じ時期であり、北極星・七夕・ベガ・三体妙見で全てがつながるのです。しなね祭はひこぼしからおりひめへの船渡し神事であり、土佐神社の一言主の言は琴座のことということも書きました。その関係で、乙事諏訪神社にも訪問しました。ベガに関係する土地には必ず、一言主・事代主がいるのです。


諏訪大社祭事表


土佐神社の離宮がある五台山という山には三つ岩という地名があり、3つの巨大な石柱が立っており、星神社も3つあります。これはオリオンと関係があるのではないかと考えていましたが、もっと古いかもしれません。つまり、ベガが北極星であった1万3千年前の北辰のベガ・アルタイル・デネブの大三角形を意味しているのではないかと思います。

高知と諏訪では既にベガの文明が見えていますが、宇佐にもそれが見えかけてきています。そして、今度訪問する天河でもそれが見えてくれば、すごいことになりそうです。


5月2日 ワーク&個人セッション in 京都


∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth 

 
 
hibiki の個人セッション では、お客様が日常生活の中で受け取りましたメッセージの解読なども行っています。石から声がする、急に~へ行かなくてはいけないような衝動に駆られる、などの現象が発生している場合は是非一度お問い合わせ下さい。



 Crystal&Healing LovingEarth

banaloving2.jpg 
 

PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


無題
まだ八面山へ登っていませんが、ヤヤマ神社と呼ばれる神社があり、そこが元宇佐だったといわれています。筑紫の君磐井も最後宇佐を目指して果てたとされていますが、中津の方へ向かったとされているので、きっと此処へ向かったのかもと感じました。
諏訪と高知へも行ってみたいです^^
宇佐、日田、八女は、巫女さんの想いが今も残っている場所だと行くたびに感じます。
スミレ 2009/04/19(Sun)【22:33】 編集
Re:スミレさん
こんばんは~
八面山はちょっと前に調べ物をしている時に、目にしました。すごい山ですね。アイルランドの妖精の山と呼ばれるベンビュルベン山にそっくりです。ご参考までに→http://www.loving-earth.com/ireland2.htm
日本では舟形山とか岩舟山とか、荒船とかの名前で呼ばれます。物部氏と縁深い山です。ノアの箱舟などにも通じる山です。

ヤヤマとはよく言ったもので漢字の八にも見えますよね、八ヶ岳も実はそんな感じで、頂上に矢じりが飛んできたような巨石もあるんです。八面山も色々と巨石があるようですね。

>そこが元宇佐だったといわれています。
>きっと此処へ向かったのかもと感じました。

それは興味深い情報です。色々とありそうですね^^

>諏訪と高知へも行ってみたいです^^

是非、行かれてみてください。高知は諏訪ほど祭祀が残存してないので拾い上げるのが難しいですが、諏訪はかなり古いものがそのまま残っているので楽しいと思います。

>宇佐、日田、八女は、巫女さんの想いが今も残っている場所だと行くたびに感じます。

自分も八女のほうにも行ってみたいですね。福岡とか長崎とか熊本、阿蘇・別府などはあるんですが、八女は行ったことがないですね。是非またこれからも色々と教えて下さい。
hibiki 2009/04/20(Mon)【21:20】 編集
無題
スミレさん、hibikiさん、横レス失礼いたします・・・

実は、安曇野の八面大王、ヤメノオオキミ=八女大王と読むらしく、一説によると福岡の八女と関係があるという話です。

先日安曇野で、八面大王の岩屋といわれている場所に行ってきましたが、舟形の巨大なドルメンでした。

実は今年に入ってから、八女とご縁があり、非常に気になっていますが、どうやら、八女、安曇一族、筑紫の君磐井はなんらかの関係があるという話もあり、今年は東から西へ旅をしてみようと思っているところです。

八女には、八女津媛神社というところがあって、縄文の遺跡もあるようですので、気になっておりました。

いろいろつながっているのですね・・・
ガブリエラ 2009/04/21(Tue)【20:30】 編集
Re:ガブリエラさん
>舟形の巨大なドルメンでした。

そうなのですね。それは興味深いことだと思います。八面と船はかなり密接な関係があるかもですね。

>八女、安曇一族、筑紫の君磐井はなんらかの関係があるという話もあり、

これはかなり面白いですね、自分は葛城氏と安曇氏の関係、月と鶴と桂と八女の女神が繋がってきているので、かなり来てますね^^

>八女津媛神社

すごいですね。色々とつながっています。
hibiki 2009/04/23(Thu)【12:47】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
free
忍者ブログ [PR]