忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/09/20 [09:20] (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2011/02/25 [21:06] (Fri)
ネストリウス派のことですが、再度書いておきたいと思います。

ちょうど昨年の3月1日に 聖母マリアと瀬織津姫 という記事を書いています。

なぜ、この時期にこのインスピレーションが高まってくるかといいますと、ひなまつりが女神と関係が深いからです。

同じ頃の記事 秦氏の20進法 でも書いたように、例えば高知県中央部の秦氏の巨大古代寺院・秦泉寺は古墳時代の幕開けと共に古墳のすぐそばに建てられました。

ここで重要になる事柄は

古墳を作っていた各地の豪族がネストリウス派の教義を即座に理解する教養を持っていたということです。

この教養こそが、『記・紀』において聖徳太子を創作するための根拠にもなっています。

ネストリウス派の教義は、現在のキリスト教が確定する元にもなった三位一体/マリアの位格/ロゴスの規定などの重要な神智学的構成要素の基礎を主導するのかしないのかの瀬戸際でせめぎあった非常に高尚なロゴスでした。

テオドトスの※養子的キリスト論(ようしてき- ろん、Adoptionism)※と酷似していたようです。

つまり、処女懐胎やキリストの神性を否定する教義に近く、現在のキリスト教からは考えられないくらい人間的なものでした。


これを現代日本に適用して考えますと

アマテラスの神性は

①太陽から神格を受け取って確立した(受洗)

②太陽の子として生まれた

の、どちらなのか?ということです。(ちょっと例えが難しい^^;)


日本人にとっては?な話題ですが、西洋では八百万信仰が当時、既に消失していましたので、このことについて真剣な議論がなされました。


そのネストリウスの教義が、なぜ古代大和で理解されたかと言いますと、既に弥生時代から父・母・子の三位一体が神であるという信仰が根付いていたからです。

西日本最高峰の石鎚山(の近くの瓶ヶ森)の山頂付近には水瓶があり、父(父山)と母(母山/子持ち権現山)から生まれた子(子持ち権現山)を最初に水につける行為・産湯(日本文化WIKI)のメタファーになっています。

石鎚修験は弥生時代から存在していた痕跡がありますが、平安時代以降急速に衰退しています。ちょうど日本に処女懐胎の思想が入ってきています。つまり、ネストリウス派を弾圧/排斥した思想が日本に入ってきて、ネストリウス派と親和性が高かった石鎚修験/秦氏/賀茂氏が急速に力を失っていったのです。


人間が最初に浴びる水が産湯です。最後に浴びる水を末期の水と呼ぶようです。

古代日本人は、最初に吐く息も息吹として神聖化していました。

そこには、生命の誕生を祝う古代大和の人々の優しき姿が映し出されています。


伊豆最古の白浜神社の古代祭祀場にも産湯が設けられており、私たちの先祖が何を祀り何を祝っていたのかを窺い知ることができます。


ちなみに和歌山県に産湯海水浴場があります。去年行きました!

神功皇后が皇子を産湯につけたという伝承があるようです。非常に重要な伝承です。なぜなら、それは神功皇后=三位一体の母という構図が成り立つからです。

さらに応神天皇は胎中天皇と呼ばれていて、神功皇后が身篭って三韓征伐に行った後に産まれた皇子とされています。


これは、古代大和に明らかに父・母・子:三位一体の信仰があったことを示しており、古代オリエントと何ら変わりのない世界機軸で古代大和が動いていたことがわかります。

つまり、それは前回書きましたように、邪馬台国が共和制ローマと何ら変わらない共和制大和であったことを物語るものでもあります。


このような様々な傍証から、土佐高賀茂大社の一言主は、初期キリスト神学論争で紛糾した※言(ロゴス)※である可能性が非常に高いわけです。


こういうことを言いますと、”キリスト教が古代大和を作った”と言い出す人がいますが、漫画はアメリカで産まれましたが、漫画文化は日本で花開いています。トランジスタもセブンイレブンもアメリカで産まれましたが、それを世界に大量に輸出したのは日本です。


そういうことが単に、古代大和でも起こっていたということです。


ロゴスに関して言えば、縄文時代より言霊なるものがあったと思われますが、それがロゴスという観念によって急速に日本人の中で説明され、積極的に信仰される象徴となったということです。


それと、ロゴスの観念を確立しました※ストア学派※は共和制ローマ下で非常に力を持っており、ストイックの語源となっているように日本人の精神とかなり近いものがあります。

人は最終的に神からの分け御霊であるというストア学派の主張は、現代日本人にとってある意味、衝撃的な内容でもあると思います。

つまり、私たちが日本独自の神道原理だと考えている<分け御霊と言霊>のことをギリシャ哲学で同じように論じられていたんですね。西洋哲学(西洋人のアイデンティティ)はここが出発点です。

6年ほど前からやっておりますクリスタルフィロソフィアもこの認識に基づいていますし、日欧同祖論を唱える根拠もここにあります。西洋人が日本をつくったなどということを言いたいわけではありません。

西洋人が捨て去った西洋哲学の根本原理が日本で今でも動いているということを言いたいのです。

なぜなら、日本には偉大な縄文のヴィーナス原理が働いているからロゴスの力がヴィーナスを上回ることはなかったということです。

だから、このヴィーナス原理(omoとMariaのダブルM=水瓶座「アクエリアス」)によって、西洋を建て直すのも日本人の役目だし、その結果、世界を建て直すのも日本人の役目だということを言いたいんです。

なぜなら、日本では未だに※神は死んでいない※からです。

たぶん、また『意味がわからない』と言われると思いますが、、、^^;

そして僕は途方に暮れる(youtube)



今も昔も日本人は、さほど変わっていません。ユーラシアからの様々な宗教/哲学を飲み込んで巨大な宗教国家として栄えていました。


様々な民族が日本に渡来してきて我が国に居つこうと思ったのは、日昇る国として世界に類をみない高い教養があったからです。


そこにアイデンティティを重ねられれば、楽しい未来を作っていけるのではないかと思います。




****************************************
中国電力の行動を監視しています。

Ustream配信中

60年前の我々の先祖は西洋人の搾取からアジアを守るために戦いましたが
今、権力を握っている人たちは一体、何者なのでしょうか?

神風よ ヤマトを守る 神風よ 祝島に 巻き起これ
****************************************



※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ


  イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。



グリーンストリームジャパンサイトです♪
banar006.jpg


    


ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel

PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[395] [394] [393] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [385] [384
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]