忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/09/20 [12:49] (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2010/03/17 [23:39] (Wed)

最近は、私より少し若い方からの深いテーマをもった問い合わせを頂いており、何か自分の過去のことも振り返るメタファーではないかと感じたりもしていますので、昔話など連続して書かせてもらっています。お見苦しい点がありましたらお赦しください。



特に何かになりたいわけでもなかったのですが、起業には興味がありました。それでも、学校を卒業して、いきなり起業して成功するほど世の中は甘くありません。とにかくどこかに就職しようと思いました。

2年間会社勤めをしてわかったことは、自分の住む世界ではない、ということでした。当時はアメリカ型資本主義である新自由主義が次々と日本に導入され、人間軽視の会社経営というものが『善』であるかのように、あちこちで吹聴されていました。

私の勤めていた会社は、パナソニックの下請けのような会社で、松下幸之助氏の著作は、会社の至る所にありました。そうじの時間などを使って、全て読みました。そんな素晴らしい著作をしたためている会社なのに、人間軽視の経営を実行しようとしていました。私は直属の上司に文書で抗議しました。私が何を言っているのかわからなかったのか、新入社員の分際で経営手法に口出しする必要はない、と思ったのかわかりませんが、そのことについてはあまり触れず、とにかく目の前にある仕事を片付けろ、といった感じでした。これは正論なので、私もそれ以上は追及しませんでした。

確かに、新入社員の分際で会社の経営に口出しすることなど持っての他でしょう。先輩社員にも『そういうことは一人前の仕事ができるようになってから言うことだ』などと言われました。それでも納得できない自分がいました。『じゃあ、その一人前と半人前の明確なラインは一体、誰が決めるのですか?』とか『それでは、会社で社会悪が実行されたとしても、一人前にならなければ、その悪を糾弾できないのですか?』みたいなことを言うと、その後は何も言ってきませんでした。

私にとっては、人間軽視の会社経営は”悪”だと思ってましたから、人道的立場から会社そのものを糾弾したつもりでした。しかし、よくよく考えてみると、会社はこのような思想的スタンスを争う場ではなく、経営者が打ち出す経営思想をロボットのように、ある種狂信的に支持する人たちの集まりであると思い至りました。

哲学書を読み込んでいくうちに自分が思想的人間になっていることに気付きました。まわりの人間と生きる世界が全然違うと思うようになりました。自分とは違う他の誰かのレールを生きていたので身体の調子も悪くなっていました。

仕事が一区切りついた時、成果主義導入に際して最初の面談がありましたから、直属の上司に「会社を辞めたい」と伝えました。「辞めてどうするんだ」と言われましたので、「思想家になる」と伝えました。上司は苦笑いをしていました。私も笑ってしまいました。色々と文句を叩きつけましたけど、良い人ではあったので。

専務とも面談して、自分のこれからの計画を伝えると、「お前はバカだ」と言われました。確かにそうだと自分でも笑ってしまいました。専務も笑っていました。入社する時も、目をかけてもらって、入社してからも飲みに連れていってもらったりしていましたので、お礼を言って、私の長い長いレジスタンスは終わりました。

本来、こういうことは会社に入る前に自分自身の中で突き詰めておかなければならないことではなかったかと反省したりしました。ただ、でもこういうことって中に入って体験してみないとわからないですよね、往々にして。


これらのことは10年ほど経った今でも全然、後悔していません。このブログで書いていることは、当時私が思っていたことと何も変わっていません。

妥協して自分以外の色に染まりたくはありませんでした。


...................................................................................
人に流されてた日々 そんな自分に「さよなら」♪

I believe myself  信じることで
全てが始まる気がするの

どんな色にも染まらない 「黒」になろうと誓った♪
....................................................................................


自分の道を歩むということは、常に内なる戦いの連続です。

”愛や光”は、その長い暗い戦いの中で闇の中に一瞬だけまたたく星の閃光のようなものではないでしょうか。
(絢香姫が言うところのあたたかい光かな)

どうか皆さんも自分の星に向かって歩んでいかれますように!

そして音を重ねていきましょう。


絢香姫の永遠の名曲「 I believe 
日本語歌詞はうたまっぷでどうぞ♪
 




c1699929.gif


∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth 


響の個人セッション一部プログラムは、お申し込みが集中しており現在ご予約待ちとなっております。ご検討くださっている方は申し訳ありませんが少々お待ちくださいませ。


Crystal&Healing LovingEarth

banaloving2.jpg 
PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


無題
響さんへ

こんばんは!
「自分の道を歩むということは、常に内なる戦いの連続です。「

この言葉とても共感というか、励まされました!
ありがとうございます。

小さい頃から始まっていて、30歳を超えて少しづつ・・自分の強さを自覚できるようになってきたのです。

綾香姫のビリーブ大好きです♪
2010/03/23(Tue)【20:58】 編集
Re 凛さんへ
凛さん、こんにちは^^
書き込みありがとうございます。

たくさんご経験されて、お辛いこともあったんでしょう。

弱さと脆さという土壌の上に咲く花はきれいですよ。

これからも力を抜いて頑張ってくださいね。

ビリーブ、いいですよね^^誰も歩んでいない道を進むには自分を信じるしかないので、自分にとっても聖書のようなものです。
hibiki 2010/03/24(Wed)【16:55】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]