忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/08/18 [17:39] (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2010/01/31 [14:20] (Sun)

ブログの更新も少し滞り気味になっておりますが、状況はめまぐるしく動いています。

頂く情報や巫女の方たちとのセッションの中で、今まで認識できていなかった古代群像というものが次々と明らかになってきております。

このレムリアンリゾナンスブログとは別に、それらの群像の具体化とローカル性の高い活動を補助するために、新ブログなどをいくつか構築するつもりでいます。

それらと全国規模の巡礼ネットワークを接続して、各地域の横のつながりをもっと密にしていけるシステムを構築していくつもりです。

まず第一弾は、アクエリアス安曇ですが、古代氏族・安曇氏にスポットをあて、それを取り巻く信仰や文化を掘り起こし、地域同士の文化的結合をはかっていきたいと考えています。

お金と神さまの関係で悩まれる方が多いですけれども、一番大切なことは、女性が自立できる経済環境を構築することです。女性が自立できる経済環境がある程度、確立されれば自ずとその経済市場は命が重視される市場になります。

現在の経済市場は、男性優位の『命をないがしろにし、強さだけを競うもの』になっています。地球規模で母性を取り戻すためには、まず貨幣を浄化する必要があります。当面はそれで対応していくしか現実的選択肢はありません。

スピリチュアル業界で活動している方々は9割以上が女性の方々で、この業界だけの収入で自活している方は全体の1割にも満たないでしょう。この割合を高めるために様々な活動をしてきましたが、男性優位の資本主義思想がはびこってしまい、今でもその火消しに手を焼いている状態です。

母性的な資本主義とは、三方良しの資本主義であり、日本経済思想の根本になります。それを日本人は忘れているだけであり、是非、椿大神社の松下幸之助神社にでも参られることをお勧めします。ちなみに細女本宮から坂を少しくだってすぐ隣にあります。


DSC03887.JPGDSC03886.JPG


松下幸之助は晩年、無税国家を目指しておりましたが、私もこれは可能であると思います。単純に言えば、公務員が全て社会企業家になれば良いだけの話で、税金ではなく、自分で行政をサポートする活動を展開し、それで自活すればよいだけの話になります。これを妨げているのは物理的障害ではなく、単に、恐れや意識縮小の問題だけです。


先に述べた母性経済とは別に、山間部ではスピリチュアルコミュニティという社会主義的活動も展開しなくてはいけないと思います。そこでは特に貨幣のやり取りはなくてもよく、物々交換や地域通貨程度の価値交換で存立するパターンがあっても良いのではないかと考えています。

日本の貨幣の歴史はそんなに古くはなく、上代に作られましたが、廃れてしまい、平家の時代に宋銭が輸入され、それが国内の通貨になったりしました。その後は米になったりして、武田信玄が地域通貨をつくって、江戸時代になり、やっと全国規模で通貨が安定しはじめたという感じです。

江戸時代でも、里の人は修験者にはお布施や食べ物を与えたり(今でも四国88ヵ所巡りにはこの伝統が残っている)していましたので、必ずしも貨幣が全ての価値を決定したわけではありません。一律の価値観・一律の貨幣・一律の精神が植えつけられるようになったのは明治期以降であり、その構造というのは今でも、維持されています。人と違っていることにびくびくする国民性はこの頃できており、それほど歴史があるわけではありません。

それ以前は、人と違っていることを楽しんでいた共和国的要素もありましたから、幕藩体制やフランスのようにローカリティが全体を作っていくような政治・経済体制に戻さなくてはなりません。スペインのようなレベルにまでいってしまうと分裂がはじまりますので危険ですが、共和国的色彩を徐々に取り戻していかなくてはならないでしょう。
 

結局、今、私たちが何をしなければいけないかというと、明治期から戦争に突入していく前の、柔軟で母性的な本来の日本社会を取り戻さないといけないということなんですね。



c1699929.gif


∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth 



響の個人セッション一部プログラムは、只今ご予約待ちとなっております。
ご検討くださっている方は申し訳ありませんが少々お待ちくださいませ。



Crystal&Healing LovingEarth

banaloving2.jpg 
PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


無題
安曇氏!についてもここ1年気になっていたところです。
非常に興味あります。
安曇野~八女ラインなど、呼ばれているのに行けていないところもありますので・・・。

いろいろとシンクロしていますね。
どうぞよろしくお願いします。
ガブリエラ 2010/01/31(Sun)【18:04】 編集
Re ガブリエラさん
ガブリエラさん、こんにちは^^

今年は安曇氏のかなり深いところまで解明できそうです。この海の民が、どこの文化を仕入れてきていたのか、面白いものがたくさん出てきそうな予感がしています。

一緒に掘り起こして参りましょう^^
hibiki 2010/02/01(Mon)【19:57】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[233] [231] [230] [229] [228] [226] [225] [223] [222] [221] [220
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
free
忍者ブログ [PR]