忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/06/26 [23:00] (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2010/01/19 [18:49] (Tue)

ご無沙汰してます。年初からもかなり大きな変革の渦が来ておりまして、日本人全体の意識が、より日本的なものに向けられてきている流れを強く感じています。


これは日本人がアイデンティティを失っている問題と密接に関わっており、若い世代がこの大きな渦の中で日本の新しいアイデンティティを取り戻した時に、日本の経済と世界の経済が再び活気を取り戻すだろうと予感しています。

さて、新しい日本のアイデンティティですが、それは以前にも書きましたようにククリでなくてはなりません。さらに詳しく言えば、アイデンティティの中に明治期の皇国史観のように西洋文化を排除したような思想があっては国内でも国外でも思想的妥当性は得られていかないでしょう。


シルクロード最東端の文明国として、これからの世界の調和と安定を世界に向けて発信していける公式は

【原始キリスト教+太陽信仰=大和】しかありません。

そして、大即是ケル(大和すなわちこれケルト)

と言いたいところですが、日本の古代は非常に複雑です。



さて、原始キリスト教ですけれども、白山を開山した人に、秦澄(たいちょう)という方がいます。この方は名前からもわかるように秦氏です。

越前における秦氏の勢力は非常に長大で織田信長もこの末裔にあたります。

まだ、ドラゴンアナスタのほうにはUPしていないのですが、昨年9月に白山平泉寺に参拝をしてきました。その際に前回、行くことのできなかった奥宮である三之宮に行ったのですが、祭神が栲幡千々姫 (たくはたちじひめ)でびっくり(下写真)

DSC04160.JPG
北極星ですね。タクハタのハタは秦氏のハタでもあります。 







基本的に秦氏は機織(はたおり)とも関係しており、山梨県都留(つる)市の機(はた)神社(下写真左)では鶴と機(ハタ)が密接なコンビネーションで横たわっています。この機神社の参道には中央に神楽殿があり(下写真右)、お祭りの時は舞を舞うそうです。私たちが訪問した時は、舞の直後だったそうで残念でした。

 

  DSC02637.JPG DSC02638.JPG

ちなみに、この機神社の近くにはつるぎという地名もあります。
石川県の白山ヒメ神社近くにも鶴来(つるき)という地名がありますし、四国東部にも剣山という女神山があります。

これら3つを結んだ屋根のようなラインを私は「アメノコヤネライン」と呼んでいます。八紘一宇ですね。全ての民族が同じ屋根の下で平和に暮らすという屋根祭祀です。漢数字の「八」は、このコヤネを表しています。八幡が元はヤハタであった理由はここにあります。ヤハタの八と幡(旗)はつまりアメノコヤネと旗「秦・鶴」を表しています。

八幡神社総本社・宇佐八幡の原始信仰は北極星信仰と大元信仰(三体妙見)です。白山信仰と同じなんですね。


秦氏、機織、鶴、北極星はひとつの信仰集団を形成しており、能登半島を鶴の頭とした日本列島の形は、秦氏にとって神聖な形であっとことは容易に想像がつきます。上空からどうやって日本列島を見ていたかは別の方に研究はまかせるとして、そのような信仰形態が存在していたことだけは確実なようです。そして、それが私たち日本人の失われた信仰であることも。
 
古代の人たちは私に語りかけてきます。

「鶴の身体に中心などないように日本列島にも中心など存在しない。

それぞれが全体の中の一部を担っているだけだ」、と。

畿内を中心とした中央集権国家観ほど寒々しいものはありません。
私たちの先祖は渡来人を巻き込んで大地と鶴と命の祭祀を皆で行っていたのです。

そのような時代に人工的に中心地を決めてそこから地方を支配するというやり方が各地域の反発と抵抗を招いたのは言うまでもありません。

話を元に戻しまして、能登・白山を頂点として南西方向には秦王国と目される四国波多国、南東方向には上記の都留や秦野、箱根九頭龍を擁する南関東・秦氏巨大文化圏があります。

この3つの点をつなげるのが2年前のアナスタトリニティであったわけですが、最近ではより一層、その目的と方向性が明確になってきています。

さきたま古墳群の北に白山古墳(埼玉の古代史跡を巡る)があることからも(その他にも多くの事例あり)白山が北を表していたことはかなりの確率であると思われ、少なくともこの白山古墳の築造年代である7世紀前半には白山=北=秦=鶴が確立されていたわけであり、おそらくは天帝思想が白山信仰に結びついていただろうと推測できます。

天帝思想というのは、大和朝廷が帝国主義化していく中で非常に敵視された民間信仰です。天帝思想のひとつである天白信仰は、人間が天と同一化する神事が残されており、日本の中に天帝が何人も発生していたという痕跡なんですね。天竜川の天帝思想は諏訪湖を天帝としています。

そこに鶴が重なってくるのですから、明らかにこれは白鳥=ゼウスのギリシャ神話がなんらかの形で関わっていたことは明白です。ただ、日本にも古い北極星信仰がありましたから、そこに、誰が持ってきたかはわかりませんがギリシャ神話が力を持って日本の神話に取り込まれているんです。


ちなみに埼玉の白山古墳は秦澄の白山開山より100年も早いです。後で白山の名前が冠せられたとしても白山信仰と同様の違う名前の信仰が全国に散らばっていたことは明白だろうと思います。

日本最古の歴史書とされる『古事記』には、この神話の構造については何も触れられてないことから、いかに『記・紀』という歴史書が信頼のおけないものかがわかります。


ヤマトタケルが白鳥になって飛んでいったという神話こそ、この祭祀の崩壊を意味しており、息吹山「風」にあたって鳥として飛んでいくという構造は鶴祭祀そのものであり、メタファーによってメタファーを封じた最も好例と言えるでしょう。

DSC05565.JPG

今年2010年1月5日に息吹山を拝みました。初めて、その女神性を垣間見せてくれて強烈なインスピレーションを頂きました。

あたりを見回しても雪(幸)に覆われているのは息吹山だけ。風と水を集め太陽神に選ばれた(射精された)女神が、この地域の聖なる山であったことは想像にかたくありません。

ヤマトタケルは黄泉の国になど行っていません。しっかりと息吹いていました。

現在、私たちがイメージしている日本の古代像は明治期以降に作られた人工的な政治的なものであり、本当は出てきてはいけなかった天皇のブレーンであった藤原鎌足の遺物(邪馬台国大研究)や、祇園祭の山車、あるいは、平家をヘイケではなくフェイケと発音していたこと(古語やまとことばの発音は巻き舌で英語に近い)などから考察すると西洋、特にオリエントに近い西洋と日本の天皇制が密接に関わりを持っていたことが伺えます。

埼玉県稲荷山古墳『ウィキペディア(Wikipedia)』から出土した鉄剣には、大王に仕える杖刀人が刻んだとされる文字が記されています。

この杖刀人は、天照の御杖代になった倭姫『ウィキペディア(Wikipedia)』のような存在だったとも考えられ、杖が天皇を支えるメタファーとして存在するのは遺物からも神話からも明らかです。そして、その天皇が北で白山を意味するものであれば、南へのラインは御杖になります。今、この御杖代の方々からたくさん連絡を頂いており、鶴が立つのは時間の問題であると感じています。

あまり深くは書きませんが、なぜ継体天皇が越前から大和へ突如として迎えられたのか?この鶴・アメノコヤネ祭祀を知れば、全ての謎が解けます。


おそらく阿武山古墳の被葬者は鎌足であり、天智天皇の御杖代的存在であった原始キリスト教のブレーンであったと思われます。秦氏の末裔を戦国時代に公言した長宗我部元親・信親親子の色白・長身・柔和ときに激烈の性格は杖刀人に重なり、秦氏の中になんらかの西洋人が混じっていたのはもはや疑いようがありません。

また、中国では最近の発掘で、秦の時代(紀元前778年 - 紀元前206年)の工夫(こうふ)に白色人種が混じっている事実が判明し、静かなセンセーションを巻き起こしましたが、明らかに私たちが考えている以上に、古代は民族の往来と混合が激しかったのだと思います。



635年 ネストリウス派宣教団が長安に到着(実際はぞれ以前から活動していた可能性が高い)

638年 景教(中国に伝来したネストリウス派キリスト教)は唐により公認

745年 景教寺院の呼び名が「波斯寺」から「大秦寺」へ(ペルシャからローマへ)



上は唐の大秦寺『ウィキペディア(Wikipedia)』に纏わる出来事。
秦澄が白山を開山したとされるのは養老元年(716年)、つまり唐では、キリスト教ネストリウス派が積極的に活動している時期です。


秦澄がこの時期に白山を開山した理由はなんでしょうか?ちなみに同じ716年の4月23日をもって行基が弾圧され始めました。

秦氏と原始キリスト教の歴史は非常に長く濃いものがあります。その中でも秦澄の白山開山は比較的新しいものになります。秦澄開山以前にも白山信仰はもちろんありましたが、秦氏と白山信仰がつながることにおもしろさがあると思います。


白山が3馬場から成立していること、あるいはヤタ(ヤハタ)ガラスが3本足であること、ヤハタ(八幡)神社をハチマンと読ますようになったこと、秦氏に関する不思議を上げればキリがないほどです。そして、一般的には秦氏が権力に興味がなかったから全国に散らばっているとされていますが、本当にそうでしょうか?

私はもっと広い視野を持っていた氏族だと思います。その中に鶴祭祀があるのです。この鶴祭祀には葛城氏や賀茂氏も関わっています。そして小野氏もです。

越前秦氏の文化圏は特に近江や尾張・美濃とも密接な関係があり、昨年末から白山から南に下った御杖の位置にある方々から連続して問い合わせを受けています。

冒頭でお伝えした日本人の新たなアイデンティティと、この鶴(白山)の御杖は非常に密接な関係があります。御杖が建ち、鶴が翼を広げれば日本列島は羽ばたきます。

しかし、これには最後に『風』が必要です。


同じ屋根の下で大きな風をともに起こしていきましょう。




c1699929.gif


∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth 



響の個人セッションでは、それぞれの方向性と目的にあわせた8回ワンセットの連続セッションを実施しています。魂の方向性を明確に認識し、軸建てを早めることはもちろんのこと、エネルギー認識が深くなれば深くなるほど起こってくるネガティブエネルギーの回避・防御を守護星・守護神・守護石などで行う講座なども含まれています。昔はこのシステムを産土神(うぶすながみ)と呼んでいましたが、現在ではこのような伝統も廃れてきたことから無防備でネガティブエネルギーにさらされる方も少なくありません。

守護神は必ずしも住む土地の産土神(うぶすながみ)である必要はなく、ご自分の先祖や魂のルーツにも求めることができます。守護神を知りご自分の元素的属性を知ると自分の役割が割りと簡単に見えてくるようになります。



Crystal&Healing LovingEarth

banaloving2.jpg 


PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


無題
ついに核心に迫っているようで、興奮して拝読しました。
私自身は相変わらず直感ですが、白山と原始キリスト教の関係性にとても興味を持っていたところです。

実際、原始キリスト教者は比較的早い時点で次々に日本を目指して移住していたようです。

とてもわくわくします。

私自身もようやく遅ればせながら日本と西洋の深いレベルでの統合に向けて進むことができそうです。

どうぞ今年もよろしくお願いします。
ガブリエラ 2010/01/19(Tue)【21:34】 編集
Re ガブリエラさん
こんばんは^^
書き込みありがとうございました。

私たち日本人は、東洋と西洋という枠さえない領域へ脱皮するよう求められているようです。

古代へと潜水すると、そこには肌や瞳の色を超えて団結しようとしていた人たちの姿が見え、『命の祭祀』を司っていた人たちの息づかいまで聞こえてきます。

戦争や排除の論理がいかに陳腐であるかがわかります。女神性の力の源は、まさにこの広大さにあり、アヴェ・マリアというと西洋的のみにとられますが、恐ろしく古い日本にもこれと同じような感覚、マリアへの賛美歌があったのだろうと思います。


昨年中は色々とお世話になりました。

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。

是非、今年もご一緒に色々と巡ってみたいですね^^
hibiki 2010/01/20(Wed)【22:11】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[230] [229] [228] [226] [225] [223] [222] [221] [220] [219] [218
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]