忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/06/23 [14:02] (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2008/12/14 [11:37] (Sun)

ホワイト系の霊団に猛アタックを受けていたようです。昨日抜け切り、免疫ができました。鳳凰の金粉を狙っていたようです。

我こそは神の認識を批判しながら、自らがその状態に陥ってしまいかねない状況でしたね、クワバラクワバラということでしょう。おそろしきかなホワイト霊団。しかしこれで彼ら、彼女らのやり口がはっきりと認識できました。

来年から起こることの口火をキッタということですね。未来が見えることも楽なことではありません。一番先に攻撃されたのではタマッタものではありません。しかし、サルタヒコ(ミカエル)のことを書いたことで、その鼻をくじきにきたのでしょう。

それにしてもわかりやすい動きです。これからもことあるごとに攻撃を仕掛けてくるのではないかと思います。この状況を読み解くと、ある程度、彼らのプロジェクトは成功しており、もう完成間近ということが言えるでしょう。

白山姫の心御柱立てのメッセージはものすごく強くなってきますし、鳳凰まで飛び出して危機を知らせています。この飛び出しで来年ミカエル(サルタヒコ)グループが目覚めることと思いますが、それぞれでやっていけば良いのではないかと思います。

このエネルギー変化を見る限り、鳳凰が飛び立ったのはホワイト霊団系グループの力が強まったためと考えられます。

抜け切ってからわかりましたが、彼らはずっと私が探していた、人間を支配と欲望に陥れる強力な浮遊集団です。

ローマ帝国に寄生しキリスト教を一神教に仕立てあげていった張本人、ヤマトを帝国主義に変質化させていった張本人、そして今回わかったことですが、中国の皇帝思想も彼らが作っていたのです。

これを考えると、このホワイト霊団こそ、世界を戦争に導く張本人ではないかと思うのです。彼らが近くにきたり、憑依されたりすると、自己顕示欲が強烈になり、他者を支配しようというエネルギーがものすごく強くなります。このエネルギーは凄まじいものです。先日、書いた母なるクンダリーニ以上の力を彼らは持っています。人間が大地と接続が切れることを見計らって、あるいは大地と接続しようとするものたちに地霊のふりをしてやってきます。悪質きわまりない霊団です。

今回は、鳳凰の飛翔の阻止とサルタヒコグループの目覚めの撹乱を狙ったものであると考えられますが、失敗しています。なぜなら、先日書いたように、鳳凰の飛翔後、すぐにシラヤマリアが白金合一したからです。その後、出てきたある人物、詳しくは言えませんが、(仮)浦島太郎です。ホワイト霊団を完全に蹴散らすこの人物のエネルギーはものすごいものです。気が放出されてませんが、内なる気が極限まで充実しているのです。その静寂と安定はある意味、こわいです。

通常、気は高まると放出されますが、それを放出させないで内側で循環させる、武道の世界でもスペシャルなものでしょう。攻撃をしかけないから気も吸い取られることがありません。柔道の本質とは守ることです。これが白い(シラス)ということでしょう。

ホワイト霊団が最も怖れるこの静寂、日本人が最も徳が高いものとして認識してきた和敬清寂という観念です。

私たち日本人は、この和敬清寂をもって世界を統べていく必要があるというのです。

戦いに戦いを持って対抗するのではなく、戦いに愛をもって許しを与えるのではなく、和敬清寂という強さと静けさをもって世界の問題に対応せよということなのです。

このエネルギーの前にホワイト霊団が少しも太刀打ちができなかったように、この和敬清寂のエネルギーは凄まじく巨大なものになります。

戦いに戦いで挑んでしまえば、ホワイト霊団の思うつぼです。そして戦いに愛のみで挑んでしまえば支配が横行します。

日本人が日本人らしく和敬清寂であること。

それが世界を浦島化させるのです。




2009年1月1日 白山姫 謹賀真年 エナジーヒーリングup12r.gif
白金合一エナジー 好評受付中です♪




シラヤマリアのエナジークリスタル

∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth  
 
ただいま、アンケート実施中
 

PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


やっぱり・・・・
情報を受け取っている相手が微妙に摩り替わっていることに気がついていらっしゃいませんでしたか(汗
最近の文面をこと細かく振り返り分析すると、見えてくるものがあると思われますので、冷静に一歩引いた視点で全体を見渡すのが安全かも知れないですね。

くみん。 2008/12/15(Mon)【06:37】 編集
Re やっぱり・・・・
ご助言ありがとうございます。
失礼致しました。

ソースの出元は変わってないですが、小アセンションで処理しきれないエネルギーが降りてきて、吐き出しが追いついてなかったようです。

吐き出しが追いつかないと、攻撃性が高くなったり、余剰分のエネルギーに憑依、吸着が多くなるので、今回はそこを彼らに狙われたようです。

今までは霊団ではなかったので、満月時にはほっとけば抜けてましたが、今回は私の思考にまで影響を及ぼしていたようなので、いずれにしても対策を考えなければならないようです。

シラヤマリアのソース引き出しをやめるか、それとも私にサニハをつけるかのどちらかになりますが、ちょっとここらあたりは微妙なので徐々に考えて生きたいと思います^^
hibiki 2008/12/15(Mon)【10:41】 編集
ある意味心理戦ですね。
煽られる原因ですが・・・・
「人間ってこういう言葉と設定に弱いんだよね」
という部分を巧みに計算して突いてきますから・・・・
誘導尋問やらの心理操作に強い方なら、逆に「相手」の思惑は引き出せるので・・・・
チャネルは「受身」じゃなく「対等」かつ、こちらから相手を逆探知ハッキングするくらいの人間じゃないと、何処で入れ替わりが生じているか惑わされやすいかも知れないですね。
くみん。 2008/12/16(Tue)【04:13】 編集
Re ある意味心理戦ですね。
>ある意味心理戦ですね。

これはある意味、当たってますね。
江原氏を筆頭とするスピリチュアルカウンセラーに心理学に長けている人間が多いのはそのためでしょう。

クライアントに良いことばかり言うカウンセラーは危険です。言葉を引き出し自分に依存させる方法を心得ているからです。

しかし、真のスピリチュアルとか、チャネリングはそういう世界の向こう側にありますので、全てがロジックで動いています。心理戦が行われている段階ではエネルギーは降りてきてませんね。

>こちらから相手を逆探知ハッキングするくらいの人間じゃないと

そうですね。逆探知し、サニハができるためには免疫ができている必要がありますので、なんでもかんでも『わかる』、とか『探知できる』とか言っているチャネラーは危険ですね。霊体の走査と確定はそんなに甘いものではないからです。論理的思考を持ててないチャネラーがつながったとか降ろしたというのは、ほぼ妄想に近いものがあります。つながれば意味が理解できますので。意味を理解し続ければ自然と論理的思考が身につきます。

本質とはエネルギーであり、完全な論理的な世界なんですね。
hibiki 2008/12/16(Tue)【11:30】 編集
解せないのは・・・
私は「エネルギーを降ろす」という言葉にすでに違和感があります。
現実問題・・・日本の人口のうちスピリチュアルに興味を持つ人間は、一割に満たないと仮定しまして・・・・
通常人間は既に十分なエネルギーを保有している存在ですが、エネルギーを降ろさずとも大半の皆さんが自らのエネルギーで存在しています。
ただ特殊な事情で、エネルギー調整をしなければ成らない人間はあるのは確かだとは思いますが・・・
私はどちらかというと、宇宙法則を引き出す型のチャネルなので(アインシュタインやホーキングがその特化型だと思われますが)概念系は門前払いしてますので・・・
物理的エネルギー理論と、人口統計などに基づき、現実方面から人間を解析すると、こういう世界に触れているのは一部にしか見たず・・・
逆にヒーリングエネルギーを降ろすという「内部」からではなく「外部」から特殊な方法で降ろされたエネルギーに固執する「外に求める」特殊な概念には首を傾げるしかないのです。
白山姫の「外に求めるではない」「内に見出す」の言葉は、自分以外の外部からのエネルギーを降ろし関与させるのではなく、「自らの内部からエネルギーを引き出し自分の芯を立てる」事だと解釈していますが・・・・
ただそれはスピにかかわっていない方々の大半に備わっている基本機能です。
くみん。 2008/12/16(Tue)【19:42】 編集
Re 解せないのは・・・
>私は「エネルギーを降ろす」という言葉にすでに違和感があります。

ここは正しい見方だと思います。日本古来の言い方で言えば、依代に『降りる』ですね。本来『降ろす』とはこの『降りる』ことの委譲のはずですが(主体は神さまにあります)一部のヒーラーは本質を捉えていない場合がありますので、自分が『降ろせる』と勘違いをするようです。それはもちろんつながっていないので『降りて』きてはいませんが。

>エネルギーを降ろさずとも大半の皆さんが自らのエネルギーで存在しています。

これも素晴らしい見方であると思います。なぜ今、内なる神のもとにエネルギーを『降ろす』必要が生じているかと言うと、自らのエネルギーで存在できなくなっている人が増えているからでしょう。人間は大地や社会から『降ろされた』愛を受け取って生きていますが、これが徐々に切り離されてきたため、愛の奪い合いが起っています。都市部ではこの状況は激しく、既に人間ひとりが自己のエネルギーで自立できないような環境・状況になっているのです。くみんさんが言われるところの『基本機能』これが根こそぎ崩壊しつつあるんです。

その結果、藁にもすがる思いで『外の神』に救いを求めるのです。そういう人たちの足元をすくって『外の神』を自称するマスコミや偽チャネラーが勢いづいています。

危険な兆候ではありますね。

hibiki 2008/12/17(Wed)【13:19】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]