忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/09/20 [12:44] (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2008/12/09 [16:30] (Tue)
白山動力源解除で書いたように、後期大和朝廷の動力源としての白山姫は切り離しが行われたわけですが、その結果、ものすごい反動で白山姫の再獲得のエネルギーが出てきております。

白はもともと”高知らす(たかしらす)”という言葉で表されるように
あらゆる意味において頂点を示す色になります。

前述の”高知らす”は古代においては天皇の隠語です。

それだけ日本人にとってはずーっと高貴な色であり続けました。

侍が切腹するときの白装束は
腹黒さをかっさばいて白に還るという意味です。

なぜ腹を切るのか?
それは黒いものはお腹にたまるからです。

腹をかっさばいて白であろうとする侍の純粋性は
白山姫への信仰とも密接に関係しています。


後期大和朝廷のエネルギーは帝国主義のエネルギーに変貌してしまい、それを隠すためにどうしても白のエネルギーが必要でした。

そのために白山姫はずっと封印され動力源として利用されてきました。

この”白”に対する認識を掲げずに、白山姫を取り込もうとする輩はほとんどの場合、後期大和朝廷およびローマ帝国の『人間を支配しようとする魔道』につながっています。白を支配しようとします。

これに対して近々で起るアセンションのテーマは”自由と解放”です。
帝国主義系のエネルギーはこのエネルギーと対極にあり、今まさに人類が乗り越えようとしている魔道のエネルギーなのです。

それをアセンションと呼びます。

スピリチュアル業界の中でも新しいタイプの支配
例えば、『封印解除と称する新たな封印』が横行しております。

そういうものに惑わされず、しっかりと自分の芯とつながるためには、マスコミのプロガンダや洗脳から逃れなければならないでしょう。


後期大和朝廷およびローマ帝国の支配エネルギーは最後の搾取を私たちに仕掛けてきます。

私はこんなにすごいんだぞ、私はこんなにマスターとつながっているんだぞ
と言って、人々を支配してこようとします。

惑わされてはいけません。
しっかりとジャッジし、真なるものには光を、偽なるものには陰を与えましょう。


『自由と平等』の白山姫の御旗を掲げ
皆で自由社会を築きましょう!



12月21日冬至「センタリングビューティー」ワークショップup12r.gif
自分の芯を立てるワーク






シラヤマリアのエナジークリスタル

∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth  
 
ただいま、アンケート実施中です♪


PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]