忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/06/26 [23:04] (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2011/04/30 [18:40] (Sat)
昨日は、巡礼グループで青龍山(多賀大社の奥宮ともされる胡宮神社の神体山)に昇っておりました。

2つの峰がありまして、イザナギ(火)とイザナミ(水)を統合するような感じになっておりますので、内部的なエレメントの安定にもいい影響を与える山であると思います。

イザナギ/イザナミ/ククリヒメの信仰は、ほんとうに深くて広大なものであると思います。

その後は、皆と酒宴を持ちまして大好きな地ビールを頂戴致しました。

その結果、本日はエネルギーの事後安定のためにお仕事はお休みさせて頂いておりますので、ご返信をお待たせしております方は申し訳ありませんが、また明日以降にご連絡させて頂きます。


今朝方、今度は激しい横揺れの地震の夢を見ましたので、大山鳴動、まだ大地の動きは終わったわけではなく、下記に記します1昨日の夢とあわせて、来るべき時に備えてやるべきことをどんどん進めていかなくてはと改めて感じました。




******2日前に書いておいた記事

今朝方、はっきりとした夢を見ました。

ビルの7階か8階にあります小さな居酒屋で今から飲むぞ、みたいな感じで人がぞくぞくと集まっていました。少し古い建物で窓も広めで、足元まで開く大きな感じのもので手すりも軽微で、これちょっと危ないな、という感じでした。

窓からの景色は日没後という感じで、ネオンが輝き始めていました。前には高いビルはなく、周囲はちょっと低めのビルで、その分、屋上のネオンが自分たちの部屋の前に見えるというような感じでした。

どこなんでしょうか?雰囲気的には大阪とか東京下町とかそんな雰囲気です。

20帖くらいの部屋でたぶん階下が受付で私たちの部屋が団体用の宴会場になっているような部屋でした。

そこになぜだか倖田来未さんがいて、コンバンハ♪とか言ってたんですけど、おそらく来未さんが93でコウタさんが何らかの数字を表しているのだと思います。


そこは無事に終わって、最後皆で何かをやっていたような気がしますが、一部の人たちとなぜか海へ。

砂浜があるのですが、すごく坂になっている砂浜でした。結構長くて、浜が急なので砂坂の上の堤防も見えなくなるくらい。堤防のところには道路もあってそこに家もありました。広がりのない湾の最奥みたいな感じ。両脇が小さな岬に囲まれていて木が生えていました。

砂浜を歩いていたら大きな茶色の石を発見、化石が出そうな石だったので軽く割ったら、中に三葉虫の跡が。。。出た!。他に水蜘蛛みたいな跡も。。。これはすごい!もっと他にもあるかもしれないと思い、砂浜を横に歩いて他の石を探そうと思っていたら、ザザザザザザーっといきなり高波。

1波が足元まで来て、これはまずいと思い、カバンを捨てて上に駆け上がっていたら第2波で飲まれたので、足を砂にめり込ませてなんとかやり過ごせるかな?と思ったら目が覚めました。

あの状況からいくとおそらく飲まれていた可能性が高いです。海面から少なくとも5mはあったので単なる高波ではなくておそらく海面上昇。

津波ではなくて急激な海面上昇です。


おそらく※縄文海進※みたいなことが起こるのではないかと思います。


津波は地震が来たら逃げればいいですが、海進はなんの前触れもなく突然やってきますので気をつけなければいけないと思います。海進は徐々に海面が上がるようなイメージが持たれていますが、そうではない場合もあると思います。

おそらく海面の上昇によって河や湖の圧力も変わるので水位が上昇すると思います。



何のメッセージかなと思って考えていましたら三(3)葉(8)虫(64)で十一面観音(3+8)による統合(6+4)であると思いました。

つまり、十一面観音を祀る山上都市を中心に再生し、都市から山への流れを作っていきなさい、の遠未来的なメッセージ。

これは今までもやっていたけど38、サヨとかサヤが新たなキーワード。


それと、近未来的には葉は葉山のイメージが出てきて、来月の5月5日付近は、3つの葉山が虫(64)の知らせで始まって、ひとつ(日本一の富士)滑って5+5で統合されるので要注意というものです。

なぜ5かと言えば、そこに力への意志があるからです。掌(5+5)を合わせて【シ(息吹き)アワセ】があれば感謝と祈りに転じますが、実際はそうではありません。未だ原発を自らの利益/生活を守るために保護する人たちがいます。

『原発はモーシナイ(モーセ+シナイ)』とならなければ何度でも十戒はバアル(賀茂別雷/かもわけいかづち)の姿を借りて降りてきます。最近の強風+雷雨を考えれば想像がつくと思います。


3月20付近のスーパームーンでトキ止まる⇒常盤へと辿りつきましたが、今度は、虫の知らせ。トキ(土岐=11からの分岐)が再び動き出したのでしょうか。

3月20日から子が産まれるトツキトウカ後まではトキの止まる常盤だと思っていましたが、胡宮(子の宮)神社に行く流れになったということは、既に子が産まれたということでしょうか。。。

トツキトウカは、戸宇賀とも書けます。月と宇賀は非常に密接な関係があり、雷は稲妻(語源由来辞典)とも書きます。稲と雷は夫婦です。それをつなぐのが光と音と兎。

宇賀はイナル・ウナル。ウナルは、前々回書きました卯が成るという意味。全部、つながっています。




雷は、神立ちとも呼ばれ男性性の剣の『1』を表すとも解されるので、地震/雷/火事が既に起こったとなれば、あと残っているのは、親父さまだけとなります。


おそらく日本人は、近い将来、原子力を上回る雷発電(親父さま発電)を発明するのではないかと思います。

最近気になっている犬と鏡が雷を呼ぶそうなので、雷発電に向けて(?)犬/鏡巡礼、、、桃太郎系の巡礼を強化していきたいと思います。



話は戻りますが、コウタさんコウは神/皇で、田は四角を除けばクロスになる。そして9+3で12使徒。まさかそんなことはないと思いますけど。。。私はキリスト教徒でもありませんし、ましてや福音派でもありません。

そういえば、今朝、車で倖田さんの曲を聴いていたらマグダラを感じましたけど、そのことと何か関係があるのでしょうか。マグダラと瀬織津姫は同一とも言われますし。

おみた※かもしれませんね。


そういえば、2009年8月8日に瀬織津姫復活のワークを天竜川のとある場所でやろうと思ったら色んな妨害が入って中断。その翌日2009年8月9日にサヨ(兵庫県佐用町)の千種川が氾濫。

何かあると思います。

ちなみに元伊勢としてヨサ宮があります。

少し前から【統合=十河】と書いていますが、たぶん10個の河があるのだと思います。



気づいたことを後からどんどん付け加えていますので、話が飛び飛びで申し訳ありません。

ソドムのための執り成し

*****引用はじめ***
創世記18章後半部(16節から33節)で、ロトのおじであるアブラハムが、ソドムとゴモラに関して事前にヤハウェと問答している。ヤハウェは、ソドムとゴモラの罪が重いという機運が高まっているとして、それを確かめるために降る(くだる)ことをアブラハムに告げた。アブラハムはそれに応じて、正しい者が50人いるかもしれないのに滅ぼすとは、全くありえない、と進み出て言った。それに対しヤハウェは、正しい者が50人いたら赦す(ゆるす)と言った。そこでアブラハムは「塵芥(ちりあくた)に過ぎない私ですが」と切り出し、正しい者が45人しかいないかもしれない、もしかしたら40人しかいない、30人、20人と、正しい者が少なくても赦すようにヤハウェと交渉をした。最終的に、「正しい者が10人いたら」というヤハウェの言質を取り付けたが、19章でヤハウェは結局、ソドムとゴモラを滅ぼした。
*****引用おわり***

天神(ヤハウェを含む)は、正しいものが10人いたとしても鉄髄を下げません。50人全てが原発に反対し先祖に対し祈りを捧げるならばあらゆる災厄は遠のくとは思います。

しかし現実はそうではありません。私が最も悲しいと思うのは原発によってこの世がなくなることではありません。良識ある10人欲深い40人によって犠牲になることです。

欲深さは決して悪ではないのですが、放射性物質が空気中に存在する全ての生命に等しく分配されるという特質から原発推進は、欲が自由な生存権を奪う憲法に違反した邪の花であると思います。

欲深い40人を説得するひまがあれば良識ある10人をまず救いたいと思っています。なぜならば40人の考え方を変えることなどなかなかできるものではないからです。

これはある種、選民思想的な意味合いがありますが、今、地下世界で動く【サスラヒ+スサノオ】にはそのような人間による裁きのようなエネルギーがあると思います。これは※蘇民将来※譚でも明らかです。

もちろんその上位に存在する女神ガイアはその限りではないので、【サスラヒ+スサノオ】は中間存在で天使的存在と言えると思います。


ちなみに※煩悩※の数の階段があるという金刀比羅宮。かつては伊勢神宮と並ぶほどの参拝者があった金刀比羅宮が信仰されなくなったことと日本人の貪欲さが増したことには深い因果関係があるでしょう。

******2日前に書いておいた記事



金刀比羅は、コトヒラでコトをヒラたくする、つまり、事を丸く治めるという意味もあります。丸く治めるためには統治者に煩悩があれば無理なわけです。これは今の政治を見ればわかります。自分の利益を優先させながら事を丸く治めようと思ってもそれは到底無理な話です。

今回訪問しました胡宮神社には、真ん中に事勝国勝長狭命が祀られていましたが、この事勝とは、まさに金刀比羅と似たような意味であり、物事に勝っていく平らげていくという意味でしょう。だからこそニニギとサクヤ姫の仲人をしたのでしょう。つまり胡宮神社においても北峰と南峰の火と水のバランスをとったという意味になるんですね。そして子が産まれた。。。

大阪の岸和田に山直神社がありますが、ここにも事勝国勝長狭とサヨ(38)姫が祀られています。

それがヤマアタエ、ヤマダイの響きを持っているのだから、邪馬台国のヒミコ(火水子)が火と水の調和の巫女だったことを考えれば、私たちが失った文明は深いメタファー(隠喩)の中に今でも息づいているのだと思います。

左(サ)は助けるという意味であり、右(ウ)はうずき始めるという意味であり、それが重なった宇佐という地名は私の地元でも大きな干潟であり、潮干狩りのメッカでもあります。それは日と水の掛け合いによって宇佐ができるということを表しているのだと思います。



話が全然変わりますが、先ほどTVで大山街道(神奈川県)の番組をやっておりまして、とても感慨深いものがありました。私も以前、東京の自宅近くから大山をいつも見てましたし、その信仰の痕跡や街道の調査などしていましたので、大山に対する信仰が復活することは関東にとって非常に重要なターニングポイントになると思っています。

大山は、伊吹山と同じく常に水と風を集める霊山です。富士山もいいですが是非とも大山も大切にしてほしいと思います。




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ



  hibiki の個人セッションページ
 



  イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。



グリーンストリームジャパンサイトです♪
banar006.jpg


    


ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel

PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


ムムム
ついていけなくて泡吹いてます^^;


こちらは有耶無耶の関も気になっています。

知識が無いのに、蝦夷に引きずられてます^^;
陽巫宮 2011/04/30(Sat)【20:10】 編集
知らないだけだった
ククリヒメの神社や馬頭観音とかが、意外に身近にあることがわかりました。
街中にあって、立ち入ってもお詣りしていなかったかも・・・;。

最近、お告げのようなものは、耳で聞くことが多くなってきました。
でも、耳の下が時々ピシッと痛いです。
じんましんも出ますが、中の「んま」を取ったらじしん。
地震と連動しているかもしれません。

過去の経験と比べると、じんましんの出方が何か変なんです。
陽巫宮 2011/05/01(Sun)【16:41】 編集
セキについては
3月に気になっていたことがあったことに気付きました。

香川の金倉川を堰き止めて満濃池を作った。
金倉川は禊川だった

このことなのでした。

私って鈍いわ~。
陽巫宮 2011/05/02(Mon)【12:42】 編集
ふっと出てきた方々
なぜか頭に

カムヤマトイワレヒコノミコト

オオヤマツミノミコト

のお名前が浮かびました。

陽巫宮 2011/05/02(Mon)【12:55】 編集
Re 陽巫宮さん
こんにちは!

>金倉川は禊川だった

金倉川の金倉寺に住んでいた第5代天台座主の円珍の生誕地は善通寺の近くらしいですよ^^
hibiki 2011/05/02(Mon)【14:45】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[422] [421] [420] [419] [417] [416] [414] [413] [412] [411] [410
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]