忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/09/23 [10:55] (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2009/07/23 [00:05] (Thu)
作田川(ちず丸)の両岸に日読神社・月夜見神社がある。

両神社には行けてないですが、すぐ上流の龍宮大橋、面足神社の数々を参拝してきました。

DSC03453.JPG
日と月が重なる日食にふさわしく、作田川はコノハナを裂いて流れ出る聖なる川。

ここに龍宮大橋が架かるのは必然でしょう。(まだ名前の由来は調べてませんが)

昼はアマテラスが治め、夜はツクヨミが、そして大海原はスサノオが治めよ。まさにその通りの地形ではありませんか。

そして昼と夜をつなぐものは龍。龍の住まう龍宮へ亀に跨って行く者は誰か。それは浦島太郎。

人間は昼と夜を重ねることによって、年をとっていく、しかし、昼の世界・夜の世界どちらか一方に居続けることができれば、、、人は年を取らない。千歳は百・千・万。そしてここは九十九里(くじゅうくり改めツクモハマ)

ツクモ神(九十九髪)は最も太陽に近い存在。日本で最も太陽に近い土地『九十九里』

白のつく地名が多いのは九十九里がツクモ神である証拠。

ツクモ神は白鬚であり、サルタヒコであり、浦島太郎。皆、白髪で白い鬚を生やしている。

そして今日は日食。

午前10時前頃の九十九里沖は異様な晴れ間が広がっていたが、食最大の11時頃は九十九里はあいにくの真っ白な雲に覆われていた。(あいにくなのか幸運なのか?月は水を象徴する。月が太陽を隠し、雲が日月を隠す、役者が勢ぞろいだ)

地上から雲に飛び乗り、雲から月にジャンプし、月から太陽に乗り移る。そんなことも可能だ。それこそまさに因幡の白兎的跳躍力。因幡の白兎とは瀬織津姫。そしてそのジャンピングを可能タラしめたのは、ヤヒロワニの豊玉姫。


因幡の白兎は太陽に渡ったか?渡っていれば太陽は活力を取り戻すだろう。

白き太陽が弱くなっては困る。天の白い王と書いて『天皇』と読む。天の白き王が龍宮大橋を渡るためには、ツクモ神もいなくては困る。白兎が白き王になるためには何が必要か?


コロ~リ、コロ~リ、と天は大地をかき混ぜて、面足を創っている。太郎や花子、姫や彦、大地の声を聞く人たちに白羽の矢を立てる。


ツクモ神は言っている。

『豊玉姫は出てきていたぞなもし。わしの鬚づたいにセオリツの白兎は月に行ったようだなも。海・月・日トランジットは成功せリ。おぬしには見えなんだか?スサノオとツクヨミとアマテラスが一直線に並んでいたのが(笑)』


DSC03418.JPG









∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth 




Crystal&Healing LovingEarth

banaloving2.jpg 


PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]