忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/05/26 [01:17] (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2008/11/15 [11:16] (Sat)

真の和(倭)とは何か。

それは付和雷同ではなく『和して同ぜず』の精神。

日本人は日本人でありながらこの違いを認識できないほどまでに
ディセンションしています。

何度も書いていますが

真の和とは

シンを持った人間たちが

お互いを尊重し合いながら

ともに社会を創造していく

ということなのです。


これに反して今スピリチュアル業界の中で起こっていることを

端的に表せば

『シンを持たない人間たちが

お互いの個性を消しながら

間接的に弱者をいじめる社会を創造していく』

というものになります。


簡単に『光を広めていきましょう!』というのは簡単でしょう。

しかし、その光を本当に欲しているのは
光に近づけない人たちなのです。

それがルシファーでありイザナミなのです。

光だ愛だと口に出して言えば言うほど
心の中に『そうあらねばならない』という
ルシファーエナジーが蓄積していきます。

それが何かをきっかけに爆発する。

これが最近の事件の根源的原因です。
最近のスピリチュアルはこの流れを一層強めています。


ずっと言ってきましたが
このルシファーエナジー救うためにやるべきことは
ルシファーを天界に戻す
(子供たちに批判精神を養わせること)
ことなのです。


それが天地習合であり
真のミカエルエナジーなのです。

しかし、このルシファーの帰還は
キリスト原理を背景とする社会に育ってきた人間たちには
決して実行できないのです。

なぜならば、キリスト教の歴史とは
異端者狩りの歴史そのものであるからです。
ルシファーの帰還はその歴史を全否定すること。
ルシファーが異端者狩りの出発点。
そんなことができるはずがないのです。

いや、それをやらないといけないのです。
キリストを救うためにはキリスト教を捨てること。
ヤマトを救うためにはヤマトを捨てること。

これがアセンションの中身です。

ヤマトとケルトが習合の力を持っています。
日本では習合の精神が未だ充満しておりますが
海外ではことにキリスト教と太陽信仰の習合を成功させた
アイルランドの聖人セントパトリックは
世界的にもっと評価されるべきでしょう。

だからこそ真のヤマトーケルトラインが必要なのです。
鈴木大拙から始まったアメリカニューエイジを逆輸入しても
なんの新世界も切り開くことはできません。
東洋の模倣は東洋の模倣に過ぎないのです。

しかし困ったことにはそういう日本の歴史を知らない人たちが
あまりにも多すぎることです。

古い価値、古い思考パターン、古い社会にしがみつき
光だとかアセンションだとか言っても仕方ありません。


私たちはもう既に新しい世界に住んでいるのです。



先日の満月の夜には
東西のレインボーゲートの向こう側(北)に
両性具有のククリが立ちました。

日本が世界を変えていくのではなく
日本から世界が変わっていくのです。

エネルギーは必ず深い重い所へ流れ込みます。

そこにはルシファー、イザナミ、ドラゴンがいるのです。

黄泉比良坂を知らない人が
軽々しく神々やスピリットの力を利用すれば
冥府魔道の力に覆われてしまうのです。
(自分こそが神の使いであると誤認してしまう)

前にも書きましたが

カムナガラの道とは

自分は神にはなれない

あるいは

自分は神の使いにもなれない

ということを知る道なのです。

私たちは神ではなく人間としてこの世に生を受けたのです。

これを深く認識しておかなければ
黄泉比良坂において瞬時に消滅してしまうでしょう。


神界のエネルギーはファッションではないのです。



**************************

シンを立てる三種の神器プラクティスワークのお問い合わせは
ラビングアースヒーリングルームまで

  ラビングアース ミツルギレムリアン

**闇にふたをして光はあるか*** Loving-earth *****

 

PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
free
忍者ブログ [PR]