忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/09/20 [12:42] (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2008/10/10 [18:03] (Fri)

明治時代に薩長藩閥政府が権力を掌握した後
土佐が自由民権運動を繰り広げ
全国的に自由を希求するヤマト心が取り戻されそうになりましたが
日清・日露戦争と国家主義を支援するエネルギーが強くなり
土佐人は中央政府から下野させられました。

この時点で近代的自由は失われ
国民皆兵の近代戦争へと日本は突き進みました。

戦後はアメリカこそ自由の国だとGHQの洗脳政策によって
全国民が思考停止の状態になりましたが
若い人たちから順繰りにアメリカマジックから少しずつ醒め始めています。

もうひとつのヤマトがあることを知って欲しいと思います。

国会開設運動を起こしたのも、民主的な憲法草案を生み出したのも
近代的自由を啓蒙したのも土佐なのです。

何も土佐がすごいと言っているわけではなく
日本の一部の正しい歴史として日本人全てに共有してほしいのです。

明治時代にものすごく大きな力で高知の歴史は封印されました。
なぜなら高知の古代は朝鮮半島と直結しているからです。

地政学的には不思議なことですが
北九州よりも高知県西部のほうが朝鮮半島と密接に関わっているのです。

そこに倭国の本陣があったからです。

それを封印しようとするグループと封印を解こうとするグループの争いが
日本史といっても過言ではありません。

白村江の戦いから源平合戦、南北朝に明治維新。
全ては繋がっています。

一体誰が人間を支配しようとしているのか?

深く考えればすぐに答えは出ると思います。

誰にでもヤマトの扉は開かれています。

古代ヤマトは民族と言語を超えて融合した他民族政体です。
そこで用いられたのは多数決の民主主義ではなく
譲り合いによる(ほぼ)満場一致の民主主義です。

古代ヤマトの民主主義はアメリカのそれとは比べ物にならないほど
歴史が古いのです。

”古いから良い”ということを言っているのではありません。

アメリカ型民主主義が崩壊してしまった今
日本人がヤマトの民主主義を思い出さないと世界が危ないのです。

倭国を融合させた我々ヤマトの大文字(ダイモンジ)の精神を
復活させる必要があるでしょう。

 

PR



Comment
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
free
忍者ブログ [PR]