忍者ブログ
古代神や古代聖地をご紹介し、神仏基に対する信仰を再生して頂くお手伝いをしています。
  2017/12/12 [02:07] (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




  2011/07/08 [12:37] (Fri)

コメントくださっている方、すみません。

かなりインスピレーションがきているので先に記事を書かせて頂きます。


実は、大麻比古神社へ行く流れになってきてまして、全てがつながっているというか、久しぶりにフォーカスを合わせて過去記事を読み返してみると、いくつモノ符号がありますので書きます。

なぜか、先日文末に書いた(穂日=ハープ)がやけに気になっていて、なんだろう?とか思っていました。



それで昨日から、大麻比古=アサル(※オシリス※)説を再度、検証しているんですけれども、かなり際どいと感じました。

私がアテナイ降りを感じたのは4月17日。この時、既に女神アテネが竪琴を持っていると書いてました。


大麻比古神社の元々の祭神は、阿波忌部氏の祖神・※天日鷲神※(あめのひわしのかみ)です。

***
岩戸の前で神々の踊りが始まり、天日鷲神が弦楽器を奏でると、弦の先にが止まった。多くの神々が、これは世の中を明るくする吉祥を表す鳥といって喜ばれ、この神の名として鷲の字を加えて、天日鷲命とされた。という内容である。

『日本書紀』では天の岩戸の一書に「粟の国の忌部の遠祖天日鷲命の作る木綿(ユフ)を用い」とある。
***

ということです。

つまり、穂日=ハープではなく、日鷲=ハープだったんですね!


鷲は、皆さんご存知の通り、彦星を持つ※わし座※です。アルタイルと呼びます。ゼウスの神格化でもあります。


大麻比古が彦星で摩耶山(六甲山系)が織姫であるということは、昨年も昨日もブログとかツイッターに書きました。

昨年も7月7日に大麻比古に参拝しています。

ちなみに摩耶山のロープウェイは、織姫彦星ラインと呼ばれます。

摩耶夫人(マリア/大地母神)を祀る前にベガ信仰があったことは明白でしょう。2週間ほど前にも行きましたし、昨年も行っています。

あの時は、まだ平和でした。瀬戸内の海を守るために上関原発を止めよう!と言っていただけでまだ犠牲は出ていませんでしたから。ほとんどの人が無関心で震災や原発事故は起こるべくして起こったという感じでしょう。

摩耶山は女神山ゆえ、戦国時代も幕末も多くの合戦や議論場として偉人たちを迎えました。


NEC_0414.JPG
摩耶山山頂の石丸猿田彦大神。元々は瀬織津姫(ベガ)ではないかと思います。故意的に女性性に男性性が載せられたというのは、古代よくあったことです。





山頂付近に龍神池などがありますが、女神龍であると思います。


だいぶ話はそれましたが、なぜ大麻比古がアサルで阿波忌部氏が天日鷲を祀っていたかと言えば、女神アテネは、つまりイシスであり、イシスとオシリスが大麻比古で重なっている(クロスしている)わけなんです。

それが、ころ~り、ころ~りの日本神話と深いつながりがあるということなんですね☆


忌部の鷲住王や讃岐忌部とギリシャのことなどについては以前、詳しく書きました。


淡路島周辺部の宗教意識の変遷をまとめてみますと


1万2千年ほど前-北極星ベガへの七夕信仰

縄文時代-陰陽信仰(阿波-明石、吉野-吉野、淡路島-琵琶湖)

弥生時代-イシスオシリス⇒ファラオ信仰によって阿波で古代大和建国

古墳時代-西部秦王国から三位一体(猿田彦)流入

飛鳥に都が移るまで-阿波吉野白雉と飯野山周辺部(対岸古代播磨も含む)が上古大和の王都

 

細部は調整しないといけませんが、この大きい流れは、ほぼ確実でしょう。

島と島が結ばれる巨大なファルス信仰は、佐田岬と淡路島しかありません。前者は秦王国であり、後者は大和建国です。

麻を取り戻す動きというのは、最近になって始まったことではなく随分前から各所でやられています。


アサル復活のために一歩、前へ!


そして隠された女神アテネの世界にも☆

忌部のアテネが習合させていたのはイシス。この裏には摩耶のベガが存在することもわかりました。

イシスはマリアの原型とも言われますし、イシス自体もベガをルーツにしているのかもしれません。だからこそ日本でも結合した。。。

後は、セトとホルスの話も濃いですし、バアル神のことも、、、全部つながっていると思います。


このエネルギーが毎年7月周辺に来るというのは何か、ナイル川の祭祀と阿波吉野川の祭祀が一体化していたからだと思います。大麻比古神社は古吉野川の下流域にあり、おそらくはナイル川は8月から雨季に入りますので、雨と洪水の何かに関する祭祀だと思います。

イシスの化身とも言われる※ソティス※とも何らかの因果関係があると思います。

上流の剣山と何かあるのも間違いがないでしょう。。




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ



  hibiki の個人セッションページ

いつでもお気軽にどうぞ♪
お申し込みくださった方にはどこまでもサポートさせて頂きます。


☆あずみの女神会☆

男性も女性も女神意識の再興を♪
嗚呼、天と大地と水と風


‡ 播磨マスターテンプル ‡ 

エネルギーをマスターする方のためのエナジーアカデミー
女神性と男神性を統合し、より高い融合の波動へ
現実的かつ、より社会的な霊性復刻運動の決定版 

入学受付中でございます^^お気軽にどうぞ♪





ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel


PR



  2011/06/18 [13:43] (Sat)
最近は、皆さんのご対応をさせて頂いていて、かなり『水』の部分が前面に出てきてはいるのですが、そうしますと『火』の部分であります哲学や動機、アイデンティティの部分がぼやけてきまして表現力や行動力がじゃっかん低下してきます。

何度か書いていますが、人間の『火』の部分というのは車でいうところのエンジンであり、スパークプラグでもあります。

これは男性原理でもあり、女性原理は常にこのスパークプラグを求め、男性原理のスパーグプラグは、常にそのスパークを繰り返し円滑に行うために、『水』である女性原理を求めます。


この部分を理解しますと、【自分に何が求められ、自分が何を求めているのか】を論理的に合理的に理解できるようになります。

ただ、男性原理/女性原理の比率はそれぞれによって違いますから、男性と女性の惹かれあい融合、あるいはひとりの人間の中の男性原理と女性原理の惹かれあい融合は、奇跡的なマナ(愛)の働きによって為されるわけです。

その働きを表したのが前回記事の動画になります。



話は変わりますが、大地の動きにフォーカスしてみますと東日本震災から100日経過した今、【stop(6) and go(9) 】の <go> の部分が強く出てきていて、ククリヒメ・瀬織津姫・女神ダナ・大地母神などの女神系のパワーが善悪を超越した感じで凄まじく出てきてます。


とにかく人間の個々の感情に何らかの興味も示さないような女神GAIAの虚空蔵菩薩的側面なんですけれども、彼女たちとつながることができるのは感謝を捧げるのが一番良く、それに対して恵みが返ってくるような感じになります。


これはある意味、キリスト教でいうところの福音主義に似ており、LOGOSの時代が完璧に終わったのではないか?という予感さえします。

実際、私の中でもあれほどまでに必要であったと思われた政治・経済のLOGOSに対する衝動は全くなくなりました。

より高い知恵、より高い行動は、これから<>になってくるのではないかと今日、再認識した次第です。


もちろんこれまでもスピリチュアルの中には<音>は存在しましたが、私がここでいう音は、より明確な方向性を持ったLOGOS的な音であり、音楽業界や映像の世界を、この宗教とも呼べない福音の流れの中に巻き込んでいく必要があるのだと感じています。


そこには美と知恵と愛があり、今見えるのは芸術と哲学の復興なのですね。それは資本主義で地位と名誉を奪われたソフィアの回復でもあり、われわれ人間が人間として存在するための人間ルネッサンス、自然が自然として存在していくための自然ルネッサンス。

世界を巻き込んだプラットフォームの大改造ということになろうかと思います。


今回の原発事故でも日本の芸能人が日頃、愛や光を叫びながら事が起これば結局、資本に支配された活動しかできなかったように、現代の芸術は資本主義に支配されています。

もちろん民主主義も資本主義に支配されており、今、<go>の部分が出てきているというのは、社会を導いていく人たちが、その本質的部分を理解したということではないかと思います。


当たり前のことですけれども、資本主義というのは物々交換から始まり、経済学が興り、より効率的な経済活動を選択するために生まれた最近の主義/主張です。


それを俯瞰し、毒が回っている部分は削ぎ落とし、健全な状態へと戻していかなくてはなりません。

震災前は、日本全体が毒が回っていることに気付かない/気付こうとしない/気付きたくない状態でしたので、皮肉なことですけれども東日本大震災によって毒が心臓に達することを免れたということになろうかと思います。

そのことに感謝し、なくなられた方々をそういう意味において弔わなければ私たち日本文明は全く前に進めないだろうと思います。


1300年前の白鳳の大地震では南海/東海/東南海地震が併発し、土佐の陸地が数平方キロに渡り陥没し伊豆の大瀬崎が隆起しました。その時、私たちの祖先は天手力命の実在を信じ、即、行動を起こしました。律令制が進められていた時の出来事です。権力と一般市民は全く別の次元で動いていたということです。その頃から日本人の本質は何も変わってないでしょう。

明治維新の前年に起こった”ええじゃないか”乱舞も同様です。この民族の本質は、弥生時代や縄文時代にまで遡ります。その<民族の野性>を取り戻さなければならないのだと思います。



スピ的に言うならば、我々人類は今までの魚座の2千年紀を総括し、次なる水瓶座の千年紀を創造する意志とソフィアをもたなければならないのです。

東日本大震災によって扉は開かれ、魚座のLOGOSに対するアンチテーゼは私たちの心に確実にもたらされたのです。


これまでとは全く異なる時代に突入したわけであり、過去にしがみつけばつくほど自分の身が滅びていきますので注意が必要でしょう。

より高い振動数は、過去を消滅させていきますので過去にしがみつけば、その過去もろとも自己のアイデンティティが消滅していきます。より高いスピリチュアル・インテリジェンスが必要。


自信(太陽)とはアイデンティティであり、行動の源でもあります。芸術の意味が変わってくるでしょう。



Kanye West で 『 POWER 』です。




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ



  hibiki の個人セッションページ

いつでもお気軽にどうぞ♪
お申し込みくださった方にはどこまでもサポートさせて頂きます。



☆あずみの女神会☆

男性も女性も女神意識の再興を♪
嗚呼、天と大地と水と風


‡ 播磨マスターテンプル ‡ 

エネルギーをマスターする方のためのエナジーアカデミー
女神性と男神性を統合し、より高い融合の波動へ
現実的かつ、より社会的な霊性復刻運動の決定版 

入学受付中でございます^^お気軽にどうぞ♪





ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel




  2011/06/05 [20:10] (Sun)
【自由】というものを深く突き詰めて考えますと、【責任と義務】というものに突き当たります。

人間は、生まれて成人するまで様々な制約や制限を教え込まれます。その中で人間というのは、その縛りから解放されたいと思うようになります。

これが人間が【自由】を希求する第一段階目だと思います。

この段階では【自由】は、何かから逃れるための手段、つまり受動的な何か、ということになります。


そこから成人して、全てを自分の自由意志に基づいて創造できるようになって、【自由】とは何か?を考える段階。これが第二段階目として存在すると思います。

この段階になって初めて【自由】に対して能動的に生きられる段階になります。

しかし、考えるだけでは次の段階には到達しません。

魂が求める生き方に沿って自由に生き、自由に創造し、自由に表現する。そのような実践の中で【自由】を考え、実践する必要があります。


その実践の結果、表れるのが第三段階目の【自由】です。

その【自由】とは、自由奔放の中には真の自由はない、というものです。


社会的使命、社会的意義のあることを実践する、あるいは先祖から継承してきた伝統を守るなど、、、

真の自由とはそういうところにあるのではないかと思います。


つまり、何かから逃れたいと思っている内は、自由の対極としての解放を望んでいるだけであり、それはまだ、【自由】の創造の段階には入っていないということです。

究極的な【自由】とは、縛り付けられていた縄を自分で外し、それを自分自身の自由意志によって新たに縛り付けることです。これをストイックと呼びます。ストア学派のストイックです。

禅の修行者・雲水も就寝時にふとん一枚分からはみださないように自分を縛り付けて寝ます。これが真に魂が解放された自由になります。



大和の自由主義には第三段階目の『みんな、仲良く』という概念があります。非常に全体主義的ですが、それぞれが真に自由を実現するための現実的手段であり、哲学的にも非常に洗練された美学であると思います。



ただ現代日本人は、それを哲学的に捉えられないので、とてもしんどい想いをしていると思います。なぜなら精神的な成長がそこまで到達していないにも関わらず、社会では古代からの習慣としてそういう精神状態が求められるからです。


そういう問題を解決するために【ゴールドヒーラーズ】があります。


これは結構、意外であるかもしれませんが、<金>というのは、スピリチュアルグロース(スピ的成長)を早める要素を持っています。(ただこれは逆の方向に転じる場合もありますので注意が必要です)
スピリチュアルグロース(スピ的成長)を早めれば日本社会のしんどさは軽減されます。


太陽は、日の出と日の入り時に一瞬だけ最も美しいゴールド色になります。その色を見られたことがない方は、自分のハイヤーセルフのゴールド色も見られたことがないのかもしれません。

それを知っているか知っていないかで怖れ(闇)に対する許容度というのも変わってきます。


つまり、ゴールドサンセット(自分)を知っている方は、ゴールドサンシャインも確信できるのです。

これにミカエルとルシファーをセットにすれば、私たちが闇だと考えている夜が、全くの闇ではないことに気付きます。このルシファーの部分に関しましては個人セッションHMTで。


これをメタフィジカル(※形而上学※)と呼ぶのですが、あまり活用はされていないようです。戦前までの日本は世界で類を見ないほどの形而上学が発達した社会でした。ちなみにラビングアースは、こういう意味における日本初のメタフィジカルヒーリングストーンショップです。

10年間同じことをやっています。社会が唯物主義から唯心主義に移行してきたかどうかと問われれば、答えに窮しますが、それは社会の皆さんが決めることですので、なるようにしかならないとは思っています。



ただ、クリスタルはエネルギーそのものであるのですが、それを物質主義的に捉えられるのは悲しいものがあります。その捉え方というのは結局、自分自身を物質的に捉えていることの裏返しであり、自分という肉体を支配し、魂を縛りつけ、人間関係を損得で勘定し、マインド(思考)でがんじがらめになっていることを意味しているからです。


こういう部分については8.9年前に書き尽くしているので、どこかのリンクから遡ってもらえれば良いとは思いますが、人間もクリスタルも<愛というエネルギー>が伝導する伝導体であり、人間の肉体も時と場合によっては、クリスタルと同程度までのエネルギー純化が可能です。

それを可能にするためには、水に対する深い認識や禊や祓えに対する深い理解、エネルギーの感度、形而上学を理解する信仰の土台みたいなものが必要になります。


戦後、急速に日本の形而上学は衰えましたが、局地的に残存している場合があり、そういう方たちは非常に早い速度でスピリチュアルグロース(スピ的成長)を獲得できる可能性があるんですね。

【ゴールドヒーラーズ】セッションは、そういう可能性にダイレクトにアクセスします。



ピンと来られた方は、いつでもお気軽にどうぞ♪



全然、話は変わりますが(それほど変わらないかな^^;)<あなたと~絢香×コブクロ>はいいですよね♪

ここにも【孤独と自由】というキーワードがでてきます。才能がある人ほど、内側に大きな孤独を抱えており、その孤独を受け止められるほど社会の器が大きければ良いのですが、現実は全く逆でしょう。

しかし、スピの社会は、戦後資本主義社会と比べては何倍もその受け皿は大きいので成功といえば成功していると思います。


でも、まだまだキャパシティはそれほどでもないので、もっともっと深度も深くならないといけないですし、スピードも速めないといけないと思います。

その先に何があるのかって聞かれればもちろんレムリアがあるわけであり、だからこのブログの名前が  Lemurian resonance なんですが、今となってはあまり知られていないかもしれません^^ このブログととともに作成したサイトをもう消してしまったので。。。(?)

色んな方が、連絡をくれたりご注文くださったり申し込みしてくれたりしますが、当然ですけど基本、何か役に立てればいいなと思ってます。

でも、そぐえてないことの方が多いとは思います。


社会に夢(ファンタジー)を提供し続けることとその中で生きようとされる方々のご要望に全てお応えし続けることの両輪をうまく維持していくことはなかなか難しいです。

私は大人が子供たちに夢ある社会を提供していくのは、ひとりの大人として責務だと思っています。子供たちが夢を感じられない社会、希望を持てない社会というのは、社会的にはひどく荒んだ社会であると思っています。


戦後、我々日本人は経済大国というファンタジーを信じて生きてきたのですが、それが完全に瓦解してしまったのです。新たなファンタジーを作るためには、どうしてもメタフィジカルな集団が必要ですし、ファンタジーができてからはそれを現実社会に投影する方々が必要になります。


新たなファンタジーを愛あるものにするためには、私たちひとりひとりの一瞬一瞬の選択が愛あるものになる必要があります。宇宙にはたくさんの星がありますけれども、その中で最も美しい星は地球なのだと思います。

その美しい地球で、運良く出会って共に目の前の現実を変えていけることこそ最も宇宙的なことだと思います。


昨日存在しなかったものを今日、創造する。

昨日認識していなかったことを今日、認識する。

昨日できなかったことを今日、やり遂げる。


それ自体が、宇宙の始まりビッグバンです。

そう考えれば、人間はちっぽけな存在ではありませんし、問題を解決できない無能な生き物ではありません。


結局は、自らの思考習慣/思考パターンにあらゆる問題が潜んでいます。



真の輝きを手に入れるためには”自分以外のもののために”という他利の意識が必要です。それが十全に自分の意識から出てきていなかったとしても、『体』は『技』をもたらし、『技』は『心』を生んでいきます。そのアプローチで進ませて頂きたいと思っています。


ゴールドヒーラーズたちは、他利利他の意識の中で自分が活かされる自分が活きていく道を知っています。

そしてゴールドアントワープ(ゴールドヒーラーズマスターズ)たちは、子供たちに夢を与える方法を知っています。


私たちの時代のインナーチャイルドは、私たち自身の手によって癒していくしかないのです。


みずがめ座の時代精神とともに コウヤヒジリ




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ



  hibiki の個人セッションページ

いつでもお気軽にどうぞ♪
お申し込みくださった方にはどこまでもサポートさせて頂きます。



☆あずみの女神会☆

男性も女性も女神意識の再興を♪
嗚呼、天と大地と水と風


‡ 播磨マスターテンプル ‡ 

エネルギーをマスターする方のためのエナジーアカデミー
女神性と男神性を統合し、より高い融合の波動へ
現実的かつ、より社会的な霊性復刻運動の決定版 

入学受付中でございます^^お気軽にどうぞ♪





ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel





  2011/06/03 [13:13] (Fri)
今日は、朝から少し調子が悪いので、プルトニウムとストロンチウムが飛んできているのかな?と思いましたが(なぜか愛媛でもプルトニウムが、、、どうなっているのでしょう)、来てたのはプロメテウスとエピメテウスでした!

そんなことはさておきまして、【Athenai20】のことも言及しておかなくてはいけなくて、かなり深くて大きい古代世界なわけですけれども、私のフェニキア女神崇拝者的心性が『マリア様が見てる』世界へとどんどん進んでいきますが、どうすればいいのだろうか、、、と考えてる余裕もなくて、でも頭の中身は、昔、下北沢をレイザーラモンさんばりでピチピチ半パンを履いていたおじさんの強烈さを思い出していたりして、なんなんだろうか、この流れは?とか思います。


おいしいベトナム料理とかけましてレイザーラモンHGととく、その心は、フォーでしょう。。。(?)


瀬戸内のジャンヌダルク ※鶴姫※ もこの流れと関わっていて、その他に好きなのは※巴御前※、そして最も敬愛しているのが※細川ガラシャ※。神聖ローマ帝国で戯曲になったほどの女性です。



あまり知られていないかもしれませんが、近代的自由主義は、ルソーから始まって、フランス・日本・アメリカでそれぞれ独自に発展しました。

中江兆民は、第三共和制下のフランスへ行くのですが、自由/平等/博愛を謳いながら植民地主義を推し進めるフランスに失望して日本に存在する自由主義を西洋哲学を発露にしながら表現していきます。

この中江兆民が表現した自由主義が戦国末期の南学にまで遡及できることが今、学術的に証明されていますから、日本の自由主義というのは少なくとも戦国時代にまで遡ることができるわけです。

ですからもちろんフランスよりもアメリカよりも古いのです。


私的には、それと【フェニキア-賀茂ライン】はがっちりとつながっていて、証明されるのは時間の問題ではないかと思っています。

高知には未だにギリシャの※民会※のような文化が残っておりまして、老若男女が朝から酒を飲みながら政治のことを延々と議論し続けるのは、今となっては異様で日本人離れしているととられますが、太平洋側にはこの文化の残滓を示すものもあります。

賀茂-秦-忌部-葛城の女神信仰タッグはすごくて、ローマと中国が帝国主義化する中で、女神崇拝者が大挙として日本に逃げてきたという流れは、世界史にとって看過できない重要な問題であると思います。


そんな小難しいことはさておいても、東のエデンとして、そしてアナトリコン(ギリシャ語で日出る処の意)として、世界的使命はあるわけでありまして、【マリアさまが見てない】と勘違いしている世界の不信心な人たちに【マリアさまが見てるよ】と知らしめていかなければいけないのだと思います。おせっかい?



雑談ですみません^^;



※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ



  hibiki の個人セッションページ

いつでもお気軽にどうぞ♪
お申し込みくださった方にはどこまでもサポートさせて頂きます。



☆あずみの女神会☆

男性も女性も女神意識の再興を♪
嗚呼、天と大地と水と風


‡ 播磨マスターテンプル ‡ 

エネルギーをマスターする方のためのエナジーアカデミー
女神性と男神性を統合し、より高い融合の波動へ
現実的かつ、より社会的な霊性復刻運動の決定版 

入学受付中でございます^^お気軽にどうぞ♪





ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel





  2011/05/26 [23:26] (Thu)

- 人間さえ存在しなければ 地球は永遠に美しく保たれる -


と、心の底から思います。

女神ガイアの胎内で唯一、日々感謝を捧げられない、あるいは忘れてしまう生命体、それが人間です。

それ以外の全ての生命は、全てが合理的に全てが論理的に完全・完璧な形で維持/運営されています。

唯一、人間だけが完璧な食物連鎖を破壊し、完全な生命循環サイクルを断絶し、身勝手で自分勝手な思考回路で生き続けています。



それは一体、何の為なのでしょうか?

あるいは

それはこの先に有意義な何かをもたらすのでしょうか?

または

人間とは全くの突然変異性ガン細胞なのでしょうか?



解釈は色々と存在するでしょうが、福島原発の多生命ホロコースト刑事事件によって我々人類は、人類そのものに対する存続の問いをさらに発せねばならなくなりました。


たくさんの心ある方が今回の原発事故で心を痛めています。


しかし、その一方でたくさんの心ない人たちが責任を神(天変地異)に転嫁しています。もし、神が存在することを認めていれば原発など作らなかったのではないでしょうか。原発を作る際には神を不在とし、事が起きれば神の責任に転嫁する、なんと不敬な輩たちなのでしょうか。



私たちにできることは人間の罪を認め、元を糺すことだけです。


それを成し遂げることができれば私たちは自然のサイクル(天神地祇)と同化し、神人合一をすることができるのです。

邪の花は醜い、そして異臭が漂います。しかし、だからこそ我々は天上界を知る(ソフィア)ことができます。


大切なことは


邪が出てきているということは聖も出てきているのです


邪のほうに意識が向き過ぎている方は、この表裏一体の法則にも目を向けましょう。

女神ガイアもこれしきのことで甚大なダメージを受けるほど弱くはありません。惑星の自浄力・自己治癒力を信頼することは自らのそれを信頼することと同じです。

邪というプラットフォームが聖というプラットフォームに取って変わるためには、信/義/智などが必要です。


光とは、信頼です。

光とは、大義です。

光とは、智性です。


私たち日本人が一般的な日本文化だと考えている文化は、鎌倉室町期に醸成されました。当時は、天災や戦乱による食料不足や殺戮などで人間の生きる環境は熾烈を極めておりました。

しかし、そういう邪の時代だからこそ、聖も咲きました。その聖が私たちの今を作っています。

私たちは、もう一度自分たちの国 このヒノモトの、そしてヤマトの自浄力を信じるしかありません。

たとえ、それが自分の命の続く間に成し遂げられなかったとしても、自分以外の誰か一人に自分の考えを継承してもらうことだけはできるでしょう。

少なくとも我々の先祖はそういうふうにして随神道(かんながらのみち)を継承してきました。


私たちは、生存しているものだけでこの国を動かしているわけではありません。この国を想い、この国を語り、この国の礎になった人たちと共に生きているのです。



今の政府は、本当に低レベルで愚かしく無知性です。


しかし、私たちの先祖は、本当に美しく知性的です。

未来を変えるためには、今を変え続けていくしかありません。

愚かな今が存在するのは、ここ数十年の日本人の歩みが愚かであったことの証明です。

その愚かさを糺すためには、愚かな失敗の本質を導き出すしか方法はありません。嘆く暇はありません。ご先祖さまが我々に施してくれたように我々は子々孫々のために行動を起こすしか方法はありません。

それこそ生きるか死ぬかは神が決めることでしょう。しかし、原発を作るか作らないかは明らかに人間が決めることです。

自分の頭で考え、自分の言葉で語り、自分の足で行動できなかった人は今から変えればいいのです。

皆が、この国の住人です。憲法によって人権は保障されていますし、神によって皆、愛されています。

目があれば見え、耳があれば聞こえ、口があれば語ることができます。その五体満足に日々、感謝を捧げられていれば口を持たない無数の魂の代弁をすることが簡単にできます。




あらゆる行動の原点には、日々の感謝が存在します。

その感謝は、あらゆることを当たり前だとは思わず、特別なことであると感じる小さな心から始まるのです。

その小さな心たちを八百万の神々と呼ぶのです。



Sophie Zelmani  で 『 Fire 』 です。





皆さんが、それぞれのオリジナリティに到達して
自由に伸び伸びと生きていけますように
   -Harima☆Master☆Temple-
”ゆるエネルギー”+”ゆるチャネリング”+”ごくたまにゆる巡礼”
”ゆる学習”+”でもやる時はやるよ”+”がんばろう日本”




※なんびとも本Webモデルを模倣することはできません。理念/方向性/組織形態は私(hibiki)が細部に渡って思想的妥当性を付加し独自に創造したものでありますので、このインスピレーションを以って宗教的行為・経済的行為に転化することも知的創造物に対する著作権侵害となります。Copyright(C) 2011 Harima_Master_Temple All Rights Reserved




※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用



  
お問い合わせ



  hibiki の個人セッションページ
 



  イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。




ラビングアースもよろしくお願いします♪


  
† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
«  Back :   HOME   : Next  »
Spirituality
Social
profile
HN:
hibiki
HP:
性別:
男性
自己紹介:
政治/経済、宗教/哲学を基本としながら市民活動やスピリチュアル活動など、広範囲に動いております。行動範囲は今のところ、東は茨城県から西は中国四国地方までです。特に修験色の強い山間部の地域活性化に興味があります。該当自治体の担当者の方からのご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
new Coments
[10/26 hibiki]
[10/24 maya]
[10/22 hibiki]
[10/22 maya]
[09/07 hibiki]
[09/06 半端もの]
[09/05 hibiki]
[09/04 ひろみ]
[09/02 hibiki]
[09/02 半端もの]
[08/12 hibiki]
[08/12 ひろみ]
[08/09 hibiki]
[08/06 半端もの]
[07/21 hibiki]
blog lanking
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ ブログランキング【くつろぐ】
search for log
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
free
忍者ブログ [PR]